5月29日(火)「豊作を願ってーどろんこ運動会&白大豆の定植」

5月29日のなのはな

白大豆の植え付けをしました。

朝、食堂に入ると、黒板に今日の植え付けについてのことが書かれていました。
植え付け方のポイントや、
列を揃えて植えるために、畝の両端で水糸を張り、
水糸のラインに沿って植えていく、といった
今日の作業の流れが、
ひと目で分かるようになっていました。

普段は、少人数で行うことの多い定植の作業ですが、
今日は殆ど全員で行いました。

中畑、いいとこ中畑を回るチームと、
崖崩れ畑、奥桃畑を回るチームの2チームに分かれ、
午前の3時間で、植え付けを終える目標でした。

もし作業が効率良く進めば、
夕の子畑、新桃畑にも植え付けがしたい、ということも
書かれていました。
(限られた時間のなかで、スピード感を持って進めよう)
という気持ちが高まりました。

〈4000本以上の苗を植え付けました〉

私は、まえちゃんリーダーの、
崖崩れ畑、奥桃畑を回るチームで植え付けをしました。

1枚目の崖崩れ畑では、
私は、まえちゃんと一緒に、水糸を張る係りをしました。

畝の両端で水糸を持ち、
ピンと張って真っ直ぐなラインをつくります。
そのラインに沿って、
植え付けのみんなが白大豆の苗を植えていきます。

この方法は、なのはなで毎年行う、
手植えのときと同じです。
もうすぐ行われる今期の手植えに向けて、
予行演習、という気持ちがしました。

DSCF5040

奥桃畑では、私も、苗の植え付けに入りました。

植え付けでは、
苗の双葉のすぐ下までを土に埋めていきます。
丸みを帯びた双葉や、
数枚出始めている小さな本葉が、
可愛らしかったです。

作業はテンポ良く進み、
最後には2チームが合流して、
夕の子桃畑、新桃畑の植え付けも終えることができました。

(あやか)

 

◆*◆*◆

午後からは、楽しみにしていた、泥んこ運動会をしました。

田植え前のこの時期に行う、泥んこ運動会は、
なのはな恒例のイベントになっています。

フィールドは、豊かな緑に囲まれた上田んぼです。

〈選手宣誓! 「私たちは、泥だらけになることを楽しみながら、 美しく、全力を尽くすことを誓います!」〉

まずは、開会式を行い、
お父さん、お母さん、盛男さんが、
運動会に臨む心持ちや、
3つの競技のルールを話してくれました。

これから、みんなと田んぼの中でくりひろげる競技に、
楽しみな気持ちでいっぱいになりました。

選手宣誓と準備体操をしたあとに、
いよいよ、泥んこ運動会が始まりました。

1種目めは、「泥んこ綱引き」です。

1試合15秒で勝敗を決めるルールで、
畑チーム対決、血液型対決、東西対決を行いました。

IMGP5818

IMGP5971

チームのみんなと作戦を練ったり、
力を合わせて縄を引っ張ったり、
みんなの力強い掛け声が響きました。

1本の縄からも、みんなのパワーを感じました。

結果は、畑Bチーム、AB型、東日本の勝利で、
どの対決も白熱しました。

IMGP5898

 

 

2種目めは、「泥んこ相撲」です。

身長が近い人との対戦から始まり、
トーナメント戦をしました。

行司をしてくれるお父さんの合図で、
相撲をとっていきました。

身体を組み合って構えるみんなの姿や
集中した空気も感じました。

IMGP8014

お父さんの合図と同時に、
一気に勝負が決まる試合、粘り合う試合が
繰り広げられました。

勝っても負けても、
泥んこになって立ち上がるみんなの笑顔を感じて、
応援していても楽しかったです。

〈応援にも熱が入ります〉

IMGP8074

〈優勝者は、しほちゃんでした!〉

3つめの種目は、「泥んこリレー」です。

畑の4チームにわかれて、
10人でバトンを繋ぎました。

〈第1走者のスタートです〉

 

〈10人でバトンを繋ぎ、田んぼを2周半走りました〉

途中で、追い抜いたり、追い抜かれたり、
転んでしまったり、
各チームにドラマがあって、
みんなと田んぼの中を全力疾走するのが楽しかったです。

その後も、各チームの代表4人のリレー対決を行い、
結果は畑Cチームの勝利でした。
最後には、全員で横1列に並んで、
田んぼをかけっこもできて気持ち良かったです。

〈畑Cチームのダブル勝利でした!〉

 

 

田んぼをフィールドにして、泥んこ運動会ができるのは、
田植え前の、今の時期だけです。

泥だらけになるからこそ、自然の一部になって、
気持ちも身体も一皮剥けるように感じられたり、
全身で自然のパワーを感じることができました。

IMGP8347

IMGP8520

今年のお米の豊作を祈って、
みんなと泥んこ運動会ができて嬉しかったです。

(のりよ)

 

【運動会の締めに、田んぼの端から端まで、みんなで走りました!】

 

IMGP8470