5月26日(土) 「田植えに向けて、あるべき姿へ ー田んぼの代掻き、畦塗りー & 黒大豆の種蒔き」

5月24日のなのはな

DSCF1100
田植えに向けて、
代掻きや、畦塗りなど、
田んぼの準備を進めています。今日は、石生三反田んぼの
代掻きや畦塗り、
保育園裏手前田んぼと河原小田んぼの
畦づくりをしました。

代掻きをし、田んぼの土の表面を均して平らにすることで、
稲がむらなく生育するようにします。

DSCF1094 2
〈お父さんが、石生三反田んぼの代掻きをしてくれました〉

グラウンドで育っている稲の苗は、
播種から2週間が経ち、
順調に成長しています。

P1014255 340

盛男おじいちゃんも、
「とても良い苗ができている」と
言ってくださいました。

田植えに向けて、あるべき姿へと、
田んぼを整えていきます。

◆*◆*◆

黒大豆を、ビワの木畑の苗床に
約9000粒、種蒔きしました。

ここで苗を育て、
約2週間後には畑に定植する予定です。

今年は、購入した黒大豆の種を3キロ、
昨年12月になのはなで収穫した
黒大豆3.5キロを蒔きました。
購入した黒大豆は、種子消毒がされています。
なのはなの黒大豆はしていません。

植えるときに、畑も変えて、
違いがあるのかどうか、比べてみます。

P5260014

今まで、良い品質の黒大豆を作るため、
毎年種は、購入すると決めていました。

しかし、なのはなの黒大豆も、大きくて形が良いので、
十分に良い黒豆が収穫できる可能性が高いと
思っています。

P5260005 2

地域の農家の方より、少し早いかもしれませんが、
6月に入って梅雨時期になると、
畑を耕したり、植え付けたりするタイミングを
逃してしまいやすいので、
今の時期に蒔きました。

(まりの)

◆*◆*◆
新いいとこ畑のキャベツの手入れをしました。

作業の前に、リーダーさんがプランを伝えてくれました。

キャベツにかかっているネットを3分の1ずつはぐり、
虫チェックと草取りと土寄せを、
ひとつの工程ごとに時間を計って進めました。
一通りの作業が終わった畝は、
虫が入らないように、すぐにネットをかけて、
次の畝に進みました。

DSCF1054 320

作業をしながら、いくつかのシステムを改めていくことで、
より作業がスムーズになりました。
そして、みんなで足並みを揃えて作業を進める、ということを
共通認識しました。

タイムキーパーの人が時間を計ってくれて、
良いペースなのか、遅くなってきてるのかを
伝えてくれました。
時間を計ることによって、
程好い緊張感を持って作業をすることができました。

もっと良い仕事をしたいという空気のなかで
作業ができて嬉しかったです。

(えつこ)

DSCF1453 2
〈夕の子東畑では、  トウモロコシの追肥や土寄せをしました〉

◆*◆*◆
夜には、混合アンサンブルの練習をしました。
キーボード、ギター、ドラム、
管楽器はサックス、トランペット、トロンボーンの編成で、
『スリラー』を練習しています。

P1014306P1014277