5月18日(金)「雨が降る前に――白大豆種蒔き・トウモロコシとカボチャ“こなゆきひめ”の植え付け」

5月18日のなのはな

P5180015

ビワの木畑の苗床に、
白大豆の種蒔きをしました。

蒔いたのは、6,110粒で、
重さにすると2,4キログラムです。
発芽率を高めるために、
へそを下にして蒔きます。
量が多いので、
1粒づつ向きを揃えるのに、
できる限り速く、
正確に作業していきました。

P5180005

白大豆は、3,4日で芽が出て、
例年では10日後くらいに植え付けをしています。
植え付ける畑の耕しも同時で進めていて、
苗を良い状態で植えられるようにしたいです。

(まりの)

 

〈夕の子畑東の畑に、トウモロコシの苗も植え付けました〉

●*●*●

梅林手前の畑に、『こなゆきひめ』というミニカボチャを植え付けました。

DSCF0058

DSCF0054 DSCF0059

このカボチャは、約700グラムの大きさになります。
今回はネットを張って、天空カボチャとして育てていきます。

●*●*●

山小屋にある2枚のジャガイモの畑に、  追肥と土寄せをしました。

 

アサガオの種が、発芽しました。 

●*●*●

今月25日、高齢者大学講座の一環として、
美作文化センターで
なのはなファミリーオリジナルコンサートを開催します。
1週間後に控えたステージに向け、
出捌けの確認とダンス練習を行ないました。

P5180100

洋楽、フラダンス、ギターアンサンブルなど、
変化に富んだプログラムで
全11曲、約1時間半のステージになります。
曲間のMCも、
今回のステージに合わせたものになる予定です。
自分たちの表現したい気持ちにより深く踏み込んで、
密度の濃いステージをつくっていける、
という思いがしています。

 

練習では最初に、
曲ごとに出捌けの確認を行ないました。
ダンススペースのスケール感、
出捌けに使う階段や扉、
会場となる美作文化センターの舞台をイメージして、
奇麗な出捌けの動線を決めていきました。
ステージ全体が途切れることなく、
ひとつの物語となって流れていくように、
出捌けまで神経を使って美しくみせたいです。

P5180047

ダンス練習では、
『ハロー』『ミラクル』『ファイト・ソング』を
集中して練習しました。
『ハロー』は、今回のステージで、
新しいダンスメンバーが大幅に加わります。
大好きな曲をみんなで、また、1からつくっていく、
というように感じています。
新鮮な気持ちで、
みんなと向かっていけることが嬉しいです。

P5180106

練習の最後には、
演奏する曲を、ダンス、コーラス、バンドで
一通り合わせて練習しました。
それぞれの練習の成果が噛み合って、
ひとつの表現が出来上がる合わせの練習は、
いつも、嬉しさに胸が高鳴ります。

合わせの練習では、
あゆちゃんが提案してくれて、
自分が出演しない曲を、
お客さんの目線に立って前から見学しました。
(客席からは、自分たちの演奏は、
こんな風に見えているのだな……)
(表情や、細かな動きまで、よく見える)
と、少しドキドキするような思いがしました。

お客さんに感動を届けられるような、
良いステージにできるよう、
演奏、ダンスを磨き上げていきます。

(あやか)