5月14日(月)「『ハロー』のダンス練習、ナスの誘引●マクワウリの支柱立て」

5月14日のなのはな

昨日の雨から一夜明けて、
外は青空が広がっていました。
午前中は、
石生田んぼとストップ田んぼの草刈りや
桃の防虫ネットの修繕をしました。

DSCF9459

DSCF1101
〈グラウンドにネットを広げ、修繕しています。今日で全体の8割まで進みました〉

DSCF1102◆◇◆◇◆

25日に美作文化センターで行なう演奏に向けて
『ハロー』のダンス練習をしました。

P1013450イギリスの歌手アデルの楽曲である
『ハロー』は、過去に
ウィンターコンサート第1幕の締めの曲として
演奏したこともありますが、
ダンスに新しいメンバーも入り、
『ハロー』をまたステージで演奏し、
表現できることが嬉しいです。
今回は、曲の初めからカウントで
振りをなるちゃんから教えてもらいました。

P1013456

限られた時間で、集中して、
身体に振りを確実に入れていきます。
『ハロー』のダンスは、
ゆっくりとした動きが多いです。
ゆっくりしている動きに、潔さもあり、強さも感じます。
何を表現したいか、
それを確かなものにして意志を持って踊りたいです。
練習の最後には曲で通しました。

自分の視界から見えるみんな、
後ろで踊るみんなを感じながら、
気持ちが1つになるように、
動きがシンクロするように踊りました。
1つひとつの振り、
動きを大切にしながら練習していきたいです。

(ゆきな)

P1013437

◆◇◆◇◆

畑のCチームで担当している
第1鉄塔上畑のナス、丸ナス、
ミニパプリカの誘引をしました。

DSCF9485

誘引は株の横に支柱となる篠竹を立て、
その篠竹にナスの茎を8の字で
少しゆとりを持たせて固定します。
このように誘引することで
風で株が倒れてしまうことを防ぎます。

DSCF9498
〈こちらはミニパプリカです〉

ナスの株は
まだ15~10センチくらいの背丈なのですが、
よく見ると1ミリにも満たないほどの
小さな小さな棘がついていたり、
茎の鮮やかな濃い紫色が美しく、
魅力的に思えました。
また、小指の爪ほどの大きさの蕾も付いていて、
これからどんどん成長していき、
花が咲いて実になり、
みんなで収穫できる日が楽しみです。

DSCF9493

午後の作業で、
3人で第1鉄塔上畑に植わっている
374株のナスの誘引を終えたのですが、
少し時間をかけすぎてしまったように思うので、
行き当たりばったりの作業にならないように
プランを持って向かいたいし、
良いナスが収穫できるように
これからもナスの様子をみんなで見守りながら、
野菜の成長に合わせて誘引も気にかけ、
心を遣って作業をしていきたいです。

(もえ)

◆◇◆◇◆

近々、マクワウリが定植される予定の
吉畑下畑に、支柱を立てました。P5140002

今期のマクワウリは、
入口側の2畝は、ネットに這わせて育てる予定です。
今日は、そのネットを張るための支柱を立てました。

なのはなのマクワウリ栽培では、
新しい試みで、育てていけることがとても楽しみです。
良い結果が出てくれたらと思います。P5140019

同時に、
日よけ用の支柱の縦竹を打つ作業も進めました。
私は、あきちゃんとペアで縦竹を打っていきました。
声を掛け合いながら、
5本交代でテンポ良く進めることができ、
心地良かったです。

日よけ用の支柱づくりは、今日の作業で、
無事に縦竹を立て終え、
杭と結わえるところまで終えることができました。

(あやか)

 

◆◇◆◇◆

DSCF1137

下町川畑の溝切りでは、
地面の高低差を計る機械『オートレベル』を使って、
高低差を確かめながら、溝を切っていきました。