5月12日(土)「米作りの成功を祈って ――種籾の播種」

5月12日のなのはな

P5120004
みんなでのお米づくりの始まりの日です。
種籾の播種をしました。播種の舞台である中庭には、
播種機がセットされ、
その後ろには、
焼土が詰められた育苗トレーが、
種籾との出会いを待って、
並べられていました。

DSCF1021

〈盛男おじいちゃんに教えていただきながら  準備した種籾です〉

DSCF9204

 

DSCF1023

〈種籾を播いたトレーは  苗を育てるグラウンドへ。  永禮さんが、トレーを受け取って並べるところへ  入ってくださいました〉

DSCF1025

播種機の前にはテントが立てられ、
大家族で向かう播種の光景が
そこにありました。
「おはようございます!」
お父さんの一声で、
播種が始まりました。

播種機には、
トレーを入れる人、
種籾を補充する人、
焼土を補充する人がつき、
種籾が播かれたトレーは、
みんなの手に渡って、
グラウンドへと運ばれていきます。

播種機に種籾を補充する、
さらさらとした音が
心地良いと思いました。
播種機の水の量を調整する、
その指先がきれいだと思いました。
柔らかな、繊細な手付きで、
焼土が補充されていきました。
手渡されたトレーは、重みを感じました。

〈グラウンドに並べたトレーです。  グラウンドは苗を作るには最高の場所だと  盛男おじいちゃんが教えてくださいました〉
〈立枯病を防ぐための防除をし、  トレーの周囲に土を寄せコテで固めてから、  丁寧に不織布をかけていきました〉

 

そして、
不織布とミラシートが掛けられ、
苗床がつくられていきました。

みんなの手に触れられて、
苗床へと運ばれていく種籾たちには、
きっと、みんなの気持ちが
詰まっていくのだろうと思いました。
種籾からぴっと出た芽が、
きっと力強く育ってくれるのだろうと思いました。

1トレーの苗が
およそ30キロ分のお米になると
お父さんが教えてくれて、
トレーの重みは
種籾のエネルギーのように感じました。
トレーを運ぶ順番を待つ間に、
お父さんが話してくれる、たくさんの話。
トレーを手渡す時の笑顔や声掛け。
トレーを運ぶ流れの一部に組み込まれた
グラウンドの草取り。
ミラシートの側で感じる、
太陽の眩しさ。
1つひとつが、愛おしいと思いました。

役割に入らせてもらうなかでは、
もっとこうしたら良かった
という反省点もあり、
しっかりと次に繋げていきたいです。

P5120095

P5120065-1
ミルキークイーン、
紫黒米、ヒメノモチ、ヒカリ新世紀。
合わせて480トレー分を、
予定していた通り午前中の時間で、 播種をすることができました。

これから、田んぼにも水を入れ、
お米づくりが始まっていくのだと思うと、
嬉しい気持ちになります。
すぐ側に、稲の苗やお米づくりがある、
今の時間を、大切に、目一杯感じて、
心のなかに積み重ねていきたいです。

(ゆず)

○●○●○

今日の夕方まで村田先生がいてくださり、
簿記部7期生は、勉強を進めました。

午後からは、野菜の手入れなどの作業や、硬式バレーボールの練習をしました。

○●○●○

6月には勝央町の、硬式バレーの大会があります。
試合まで1か月をきりました。

作業や簿記の勉強も進めたかったため、
今日の硬式バレーの練習は、
少人数での練習でした。
はじめに練習のメンバーで集まった時は、
少ない人数で少し戸惑ったのですが、
「集中的に練習ができる」と、
みんなで練習のメニューを組み立てました。

アタッカーが多かったので、
アタックの強化を行ないました。
以前に調べた、
アタック強化のための練習内容から、
基礎的なメニューを使いました。
基本的な筋力トレーニングや、
アタックの素振り、助走やジャンプ、
上げてもらったボールに
タイミングを合わせてジャンプをする練習などです。
その後に、試合でも実際に使うことの多い
2段トスの練習を行ないました。

P5120152

実際に、2段トスで
上げてもらったボールを打とうとすると、
色んなパターンのボールに、
タイミングを合わせる練習と
打つ練習が同時にできるように感じました。
少しずつだけれど、
ボールをとらえる感覚が
分かってくると感じられて嬉しかったです。

練習の最後には、
お父さんも来てくれて
サーブカットの時の形などについて教えてもらい、
嬉しかったです。
足を前後にして、動きやすくかまえることや、
ボールの正面にしっかりと入ること、
1歩を大きく出すことです。
基本的なことを確実に自分のものにして、
教えてもらったことをできるようにして、
積み重ねる練習をしていきたいです。

(あけみ)