5月11日(金)「簿記部7期生、ラストスパート●日商簿記2級試験まで1か月」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5月11日のなのはな

日商簿記2級の本試験まで1か月をきり、
簿記の勉強を集中して進めました。

P51100141

この日は、村田先生が質問に答えてくださり、
それぞれ、テキストの読み込みや
問題演習を進めました。
わからない問題も、
村田先生が1つひとつ整理して教えてくださいました。
教室内のみんなの真剣な空気も感じて、
気持ちが引き締まりました。

P5110001

P5110006

村田先生が、仕訳のスペシャルプリントを配ってくださったり、
簿記部の6つの目的が
「人生の選択肢を広げる」「学ぶ喜びを知る」
「小さな喜びを積み重ねる」「教える喜びを知る」
「会計を通して社会に貢献する」「誰かの希望になる」
であることも確認してくださいました。夜にも、村田先生が教室にきて、
質問に答えてくださいました。
明日からは、過去問を解き始めていきます。
6月10日の本試験に向けて、
これから1か月、
勉強することを明確にして、
積み重ねていきたいです。

(のりよ)

P5110010

●*●*●

1日を通して、園芸作業を進めました。

午前中は、梅林手前畑で育てている菊の手入れを、
午後からは、夏に向けての種まきや苗の鉢上げをしました。

P5110005

菊の作業では、
夏菊(9月咲き)・寒菊の最終摘芯をしました。
摘芯をすることで、若々しく、
元気な苗を採ることができます。
菊の手入れのなかで、
最も中心となる摘芯の作業ですが、
例年、とても時間がかかってしまうこと、
良いやり方が確立できていない、
という点もありました。

そこで今回は、
お父さんやリーダーのりさちゃんが考えてくれて、
本葉5枚を残して、
あとのものはすべて摘芯するということで、
出る芽の数を制限し、
良い苗が採れるようにすること、
また効率よく、スピーディーに作業ができるように、
という新しい試みをしました。

P5110014

畑に入ると、
ぴょこぴょこと飛び出している菊の姿が見えます。
それを、潔く剪定ばさみで切っていくことは、
散髪をしているかのような気分で、
とても気持ちが良かったです。
作業を終え、顔を上げると、
畑一面がスッキリとして、
菊も手入れをしてもらって
喜んでいるように、感じました。

P5110028

今日摘芯をしたものは、
約1か月後に、挿し芽をします。
奇麗な菊を咲かせるための一歩として、
やりたかった作業を進めることができて、嬉しかったです。

そして、午後からの作業では、
ヒマワリの種を約40粒蒔きました。
茶色にピンクのラインが入った、
可愛らしい種に思わず、
一緒に作業をしていたりさちゃんと目を見合わせ、
笑顔がこぼれてしまいました。

DSCF0135

DSCF0139

このヒマワリは、
切り花としてユーノス畑で育てて、
7月ごろから、開花する予定です。
夏に、校内に生けられることが、
今から楽しみです。

〈ジニア〉

その他にも、
サルビアやジニア、
宿根草などの鉢上げもしました。
菊づくりも、園芸の花づくりも、
まだまだ、試行錯誤を重ねている最中で、
より良いやり方を探しています。
気持ちを切らさず、これからも
良い菊づくり、花づくりができるよう、
園芸部のみんなと協力しながら、
私も力を尽くしていきたいです。

(みく)

〈サルビアの苗〉

 

●*●*●

〈下町川上畑のカボチャです〉

吉畑奥畑のピーマン、
下町川上畑のカボチャの手入れをしました。
雨による泥はね防止、乾燥防止、雑草対策として、
株を挟むように新聞を敷き、
さらに、株元に薄く藁を敷いていきました。

ピーマンの畝では、夏のあいだ、追肥をしやすいよう、
新聞同士の間を少しあけて敷いていきました。
カボチャの畝は、水はけを良くするため、
小さな丘のような形につくっています。
2枚の新聞で、ひとつの畝を覆うように、
新聞を敷いていきました。
カボチャの畝の新聞紙敷きは、
3人ひと組で進めました。

P5110037

私は、るりこちゃん、ゆかちゃんと一緒に、
新聞紙を敷きました。
私とゆかちゃんが、株の両側から新聞を敷いて
風に煽られないよう押さえているあいだに、
るりこちゃんが竹ペグで新聞紙を固定してくれました。
チームワークができてくると、
手の空いた人が、
隣の人の作業をそっと手助けしたり、
足りなくなった新聞を取ってきたり、
お互いに言葉を交わさなくても、
相手と自然に協調して動くことができ、
その優しい空気感が心地良かったです。

〈吉畑奥でピーマンが育っています〉

新聞を敷き終え、藁敷きを進めていたとき、
藁を押さえる竹ペグが足りなくなることがありました。
るりこちゃんが気付いて、
「予備の竹ペグ、ここに置きます」
と、みんなが取りやすい場所に
竹ペグの入った袋を置いてくれました。
作業を進めるメンバー、1人ひとりが、
もっとスムーズに、より良い形で作業が進むよう、
気持ちを傾けて、そっと動いていることを感じました。
その優しさ、また、みんなのアイディアを集めて、
目の前の作業を完成させられることを、
嬉しく思いました。新聞、藁敷きを終えたあとは、
ピーマンの水やりも進めることができ、
充実した作業が嬉しかったです。

(あやか)

●*●*●

倉庫北棟の建築作業では、来週明けの土間コンクリート打ちに向けて、
砕石やワイヤーメッシュを敷きました。P5110004

〈ハッカーという道具を使って、  結束線で  ワイヤーメッシュをつないでいます〉