5月4日(金)「気持ちを高めて――つつじ祭り現地場ミリ & 播種の準備」

5月4日のなのはな

武蔵の里で開催される、「ツツジ祭り」にむけて
現地での場ミリに行きました。

〈会場である武蔵の里 鎌坂峠のツツジ園は、 今、ツツジが満開に咲いています〉

会場にはピンクや白のツツジが
満開に咲いていて、
自然の緑と空の青のなかでなびく
鯉のぼりがきれいでした。
明日、この会場で表現できることが嬉しいです。

ツツジ祭りの会場は
ステージとなる場所の形が少し特殊で、
立ち位置が難しいと感じました。
どこを正面とするかで、
まっすぐな一列も乱れてしまいます。

まわりを感じて、
どこに立つべきなのか、
一番美しく見えるのはどこなのか、
心と心の目が必要とされました。
みんなのなかで、
表現するための一部として溶け込めるように
明日も心を使いたいです。

次々と立ち位置や目線を確認していくなかで、
みんなの引き締まった緊張感を感じて
背筋が伸びました。
出るときもはけるときも、
あるべき見せ方がある、
ということをお父さんの言葉から
教えてもらったと感じました。
確認したいことを現地で確認させてもらえて、
気持ちづくりも準備もしっかりして
明日に向かえそうです。

新しい演目とプログラムで演奏する
明日のツツジ祭りが、
いまのなのはなファミリーの
一番良いステージにできるように、
自分たちの気持ちを
まだ見ぬ誰かに伝えられる表現ができるように、
最後までできることをしていきたいです。

(はるか)

〈空にはたくさんの 鯉のぼりが泳いていました〉

*●*●*●*

 

もうすぐ、なのはなのお米づくりがスタートします。
その準備として、グラウンドに作る苗床にかける
ミラーシートを用意しました。

なるちゃんから、
稲が育つためにミラーシートがあることで
高い温度を保てるということを教えてもらいました。
中庭でみんなと修繕し、
ぞうきんで拭いていきました。

中庭でみんなと
1つの行事として播種をすることができること、
お米づくりがいよいよスタートすることを思うと、
嬉しい気持ちがじわじわと出てきました。
ミラーシートを拭く手に、
自然と力がこもってきました。

お米作りの準備から
なのはなのみんなで用意していきます。
良い苗ができるよう、準備のときから
気持ちを入れて進めていきたいです。

(ゆきな)

*●*●*●*

吉畑ハウス下の畑と原2畑に、
山型のカボチャの畝をつくりました。
この2つの畑には、
天空カボチャにするミニカボチャを植える予定です。

*●*●*●*

その他、草刈りや野菜の手入れも進めました。

〈キャベツの手入れ〉

 

〈草刈り〉

 

〈ゴボウの草取り〉