4月28日(土)「なのはなの原点、山小屋でのキャンプ 1日目」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4月28日のなのはな

「今日は、キャンプ日和だね」
山小屋へ向かう車のなかで、
隣に座っていた子が言いました。
空が明るく、気持ちに張りが出る朝でした。

2泊3日の山小屋キャンプの始まりです。

P4280001

山小屋は、なのはなファミリーが始まった
原点とも言える場所です。
その山小屋と、
周りの山の木々に迎えてもらい、
自然の近くにいると、すっと気持ちが開けていくことを感じました。

午前中は、
半分ほどの人数で先駆けて山小屋へ移動し、
キャンプの準備をしました。

テント設営、飾り付け、
午後から始まるウォークラリーの準備、
音響のセッティング等に分かれて
作業を進めました。

P1011768

P4280063

IMGP4731

朝から、
まさはるさん、河上さんが来てくださり、
山小屋の前に鉄板を設置して
焼きそばを焼いてくださいました。
キャンプのたびに、
まさはるさんが焼きそばを作ってくださるので、
山小屋キャンプでの最初の食事といえば、
まさはるさんの美味しい焼きそば、
というのが恒例になっています。

午後1時、
後発組のみんなも山小屋に到着し、
茣蓙を広げて昼食をとりました。
いつもなのはなファミリーを応援してくださっている永禮さんも、午後の時間を、
山小屋で過ごしに来てくださいました。

P4280035

P4280034

今回の山小屋キャンプには、
私達のなかでのテーマがあります。
「自我を作る」というテーマです。

そのために、
(自分はこういう人間だ)と
自分で思っていることとは裏腹であっても、
人から期待されていると思ったら、
積極的に動くこと。
積極的に人と関わって、協力する。
相手の顔色をうかがわずに、自分の考えをどんどん言ってみる。

なのはなファミリーは、
同じメンバーで、お互いによく知っている人と
昼夜一緒に生活しているので、失敗しても必ず修正することができます。

安心して、自分で色々試してみて、
自分で自分をどういう人間か、
確かめる3日間にしましょう、と
前日の夜に、お父さんとお母さんが話してくれました。

「今日は、午後から、夜に眠るまで
自己主張の強い人を演じてみてください」
食事のときのお父さんのコメントを、 みんなで胸にとめて、午後からの時間を過ごしました。

(かに)

***

午後は、盛男おじいちゃんの山を散策しながら、
お父さん、お母さん、みんなと一緒に、
ウォークラリーをして楽しみました。
盛男おじいちゃんや永禮さん、
それから、細尾さん、そらちゃん、小春ちゃんも
来て下さっていました。

〈今回の、ゴールへの目標到着タイムは 1時間10分。 山小屋前からスタートです〉
〈卒業生のそらちゃんと、旦那さんの細尾さん、 娘の小春ちゃんが遊びに来てくれました!〉

 

P1011824

事前に、実行委員のみんなが考えてくれていて、
おじいちゃんの山に自生している植物や生き物に関するクイズがあったり、
こしあぶらや赤コゴミ、ふきなどの山菜を採って来て、1グラムにつき1点が加点されるというルールもあり、
チームのみんなと協力し合いながら、盛男おじいちゃんの山を散策した時間が、とても嬉しかったです。

〈全部で5つのチェックポイントで、 自然に関するクイズが出題されました〉

◯今回は盛男おじいちゃんも、クイズを出題してくださいました◯
「地球上のすべての土を均等にならしたら、 
土の深さは何センチになるでしょう?」
(答えは、このページの一番下にあります!)

 

P1011818

タケノコを掘った場合には、
タケノコ1つにつき
50点が加点されるというルールがあり、
どのチームも、制限時間を気にしつつも、
タケノコを掘ることに夢中になっているようでした。
おじいちゃんの山には、タケノコがたくさん生えていて、
10センチにも満たない小さなものから、
70センチはあるかと思われるような大きなものまで、大小様々なタケノコが地面から頭をのぞかせていました。

おじいちゃんの山の中は、
小川の流れているようなところもあり、
ひんやりと涼しかったです。

 

4時が近づくと、全チームがゴールし、集合しました。 中には、1時間10分ピッタリで戻ったチームも!

 

私が特に印象に残っていたことは、
『びっくり賞』といって、
盛男おじいちゃん、お父さん、お母さんに、
あっと驚いてもらえるような植物や生き物を見つけてくる、というものでした。
シジュウカラの巣や、
口笛を吹いている顔のように見える葉、
盛男おじいちゃんが40年前に
山へ植えてから増えていった
トゲトゲした見た目の珍しい植物など、
みんなの持ち寄ったものが
ワクワクするようなものばかりで、
1つひとつが輝いて見えました。

(よし)

〈盛男おじいちゃんが 『びっくり賞』に選ばれた、 透き通った真っ白な植物。 ギンリョウソウというそうです。 海底からやってきたような 不思議な雰囲気です〉

 

〈お父さん賞の、 中心から花を咲かせた葉、 ハナイカダです〉

 

〈お母さん賞に選ばれた、 シジュウカラの巣です〉

 

他にも、ドロバチの巣や、口笛を吹いている顔に見える落ち葉など
たくさんの不思議なものが集まりました。

DP2Q6256

P4280478

DP2Q6212

P1011879

DP2Q6210

 

〈タケノコもたくさん採れました! 掘ったタケノコは、すぐに台所で湯がきました〉

 

***

 

DP2Q6236

夕食前の時間に、
寝床の準備をしました。
今日と明日の二晩、
2回のくじを引いて、夜に休む場所を決めます。
テントや、山小屋、森盛庵に
それぞれ寝袋や荷物を運んで、
今夜の家をつくりました。

P4280467

〈夜、山の中で眠っていると イノシシの息遣いがすぐそばで聞こえたり、 フクロウやシカの声が聞こえたりします〉

 

また、今日は、
古吉野の畑でラディッシュが初収穫できました。
みずみずしい生の二十日大根を
夕食のカレーライスと一緒に
味わうことができました。

DP2Q6244

*
*
*

IMGP4793

夜は、山小屋のリビングで
お父さんとお母さんのライブがあり、
みんなで、
歌と話しを聞きました。

夜のライブについては、
夜のなのはなでお伝えしています。

***

盛男おじいちゃんのクイズ
「地球のすべての土を均等にならしたら、
土の深さは何センチになるでしょう?」

正解は、「20センチ」でした!