4月19日(木)「次の収穫に向けて―畑チームで野菜の手入れ―」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4月19日のなのはな

畑のチームごとに担当野菜の手入れが進んでいます。
畑Dチームでは午前中に
ビワの木畑のハツカダイコン第1弾の土寄せ、
ハツカダイコン第2弾と第3弾のネットかけと
コマツナとハツカダイコンの水やりをしました。

P1010809

ビワの木畑のコマツナとハツカダイコンは、
前回までは不織布のみで
害虫対策をしていたのを、
今年からはネットをかけています。
ネットの端にしっかりと土をかぶせることで、
虫を侵入を防ぎます。

また、畝間にはビワの木畑に多い
ダイコンハムシの嫌いなタマネギの皮を撒き、
タマネギのにおいで虫を寄せ付けません。
近くの雑草に付いていた幼虫なども
バーナーで草ごと焼きました。
おかげで、ハツカダイコンもコマツナも
虫食いはほとんどありません。
ユーノスハウスの出入り口にも
ネットを取りつけたので、
害虫から守り、
元気で綺麗な野菜を育てたいです。

P1010827a
〈ハツカダイコン〉

ハツカダイコン第3弾は
一昨日種をまいたばかりですが、
もう発芽していて胸がきゅんとしました。
種まきはまりのちゃんが考えてくれて、
間引きしなくて済むような
間隔で撒いてくれています。

毎日手入れして
みんなと笑顔で愛情を注ぎながら、
祈るように野菜を見ています。
本当にコマツナもハツカダイコンも
ひとつひとつ愛おしく、
成長していく姿に心打たれます。

ハツカダイコンは
赤、白、ピンク(赤と白のミックス)、
黄色の4種類なのですが、
土の中でどんな姿になっているのか、
収穫もドキドキ、ワクワクです。
この調子で大きくなっていったら、
月末には収穫できるかもしれません。

P4190022
〈畑Bチーム作業ではレタスに液肥をやりました〉

 

水やりをしながら
気持ちよさそうにキラキラと輝く
コマツナやハツカダイコンの葉を見て、
チームのみんなも癒されるように
自然と微笑んでいて、
私も嬉しくなりました。

週末も気温が高くなるようなので、
しっかり水やりなどしていきたいです。

(もも)

***
DSCF5598aa
4月後半に入り、
日中、畑で作業をしていると
汗をかく季節になってきました。
天気の良いなか、水やりツアーをしました。
水の冷たさを感じながらの作業が、
心地良く感じました。

水やりツアーでは、
大人数で5枚の畑と3棟のビニールハウスをまわり、
水やりをしていきます。
今回は、レタスや、水菜、
コマツナ、キャベツ、ニンジン、
シャルムなどの畑をまわりました。

DSCF5621

DSCF5624
〈下町川下の畑にはシャルムがありあます(写真、上)、  ニンジンの芽が出はじめています(写真、下)〉

 

水やりツアーでは、
畑で育っている様々な野菜に
触れ合えることが、喜びのひとつです。
キャベツの葉の枚数が増えて
株が成長してきていることや、
シャルムの小さな芽が可愛らしかったこと、
そういった小さな発見に出会え、
気持ちが充実します。

広い畑を何枚もまわる水やりツアーですが、
スピード感をもって進めることができ、
目標以上に進みました。
充実感のある作業が、嬉しかったです。

(あやか)

***

P4190017
〈桃の水やりも1日を通して進めました。  エンジンポンプを使いました〉

***

DSCF7029
〈サツマイモを植え付ける第1鉄塔畑に肥料入れをしました。  土からみんなでつくり、美味しい野菜を育てていきます〉

***

DSCF5584
〈古吉野の周りのお宅には、  『こどもの日』に向けて鯉のぼりがのぼっていました〉