4月17日(火) 「変わっていく景色 ー農機具倉庫南棟、完成間近&キャベツの追肥ー」

4月17日のなのはな

新いいとこ畑、いいとこ下畑の
キャベツとレタスの手入れをしました。

キャベツの手入れでは、追肥をメインに、中耕、土寄せをしました。

鶏糞と有機石灰をキャベツの株周りに撒き、
追肥した肥料を土と混ぜるように中耕していきました。

最後に、株が安定するよう
株元に土を寄せていきました。

DSCF5419

DSCF5474

新いいとこ畑のキャベツは、
定植直後に病気が発生し、
一時は弱ってしまった時期もあったのですが、
手入れの甲斐があり、
葉に生気が蘇ってきています。

無事に持ち直して、
成長してくれていることが嬉しいなと思いました。

キャベツの手入れのあとは、
レタスにも、鶏糞と有機石灰を追肥していきました。

今、新いいとこ畑には一面にキャベツが、
いいとこ下畑には
半面にキャベツ、もう半面にレタスが植えられてます。

一度に手入れをするとなると、
かなりの株数になりますが、
最後は、他の作業を終えたみんなも手伝ってくれて、
無事に終えることができました。

(あやか)

DSCF5448

DSCF5457

 

 

***

 

園芸作業では、菊の手入れ、
そして、花の種蒔きをしました。20センチほどの背丈になった
寒菊の新芽を摘心しました。

1株から20から30ほど、旺盛に芽が出ていて、
嬉しい気持ちになりました。

これから、わき芽が伸びるように、
適切な時期に追肥をしたり、
病害虫に気をつけて、手入れをしていきたいです。

P4170006

P4170025

そのあとに、
キキョウと、カーネーションの種蒔きをしました。

どちらも混合の種で、
カーネーションの種袋の写真を見てみると、
赤や白がマーブルのように混じり合った色や、
フリルのような花びらが可愛くて、
とても楽しみになりました。

覆土が厚くなりすぎないように、
指先に神経を集中させて、蒔きました。

なのはなで、
種からお花を育てられること、
たくさんのお花に出逢えることが、
とても嬉しいです。

(りさ)

P4170035

 

***

 

DSCF6035

倉庫建築の作業は、
南棟が完成間近となり、
この日は、間仕切りの壁を取り付け終えて、
防腐剤塗りに入りました。

建築中の南棟には、
畑で必要不可欠な、
牛肥や鶏糞などの肥料類が入ります。

質の良い肥料を、良い状態で置いておけるように、
倉庫も良い状態で使えるようにします。

そのため、
直接肥料に触れる部分や、
雨に当たる可能性のあるところも含め、
全面に防腐剤を塗ります。
防腐剤は、腐るのを防ぐほか
虫食いなども防ぐことができます。

1区間を
どのくらいの時間で終えることができるのかを計り、
目標を決めて、
時間を意識して作業を進めました。

ムラなく美しくなるようにと、
後戻りのできない1回ごとに、
心地よい緊張感がありました。

間仕切りが大きなキャンバスみたいで、
刷毛を思いっきり滑らせる感覚が、新鮮でした。

DSCF6030
〈間仕切りが完成しました〉

DSCF6039

スムーズに作業が進み、
全体の7割を終えることができました。
目標以上に作業が進んで、
みんなと目標を共有しながらできたことが
嬉しかったです。

1日の作業で、
朝とは景色が大きく変わっていて
また完成に大きく1歩近づいたように感じました。

(はるか)

 

***

 

夜にはギター教室があり、
『ドリーミング』を練習しました。

P1010379

P1010383 2
〈この曲は、「ネイルアタック」という奏法で演奏します。爪の保護や、音を立たせるために、付け爪をつけて、演奏することもあります〉