4月16日(月)「心に刻み、積み重ねて ―マラソン大会の感想文書き●牛肥まき―」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4月16日のなのはな

今日は、午前午後と時間をとり、
昨日参加した、
フルマラソン大会の感想文書きをしました。

P1010301

まだ、全部書くことが出来ていないのですが、
昨日自分が感じたことを
手を抜かずに書きたいと思いました。

前回の大会のあと、質問ボックスで
「フルマラソンを完走したのに、
達成感を感じることが出来なかった」
という質問が入っていました。

P1010288 350

そのとき、お父さんが
「自分が感じたことを文章に起こすことが
とても重要で、頭の中で感じたことを文章にして
目に見えるものにしないと、
自分が何を感じたか忘れてしまう」

「他の人の感想文を読むのもいい、
こんな風な感じ方があるんだ、
自分もこんな風に感じることが
出来るかもしれない、と思ったりする」
と教えてくださいました。

P1010311昨日、感じた自分の嬉しかったこと、
失敗したと思ったこと、
プラスのこともマイナスのことも
ちゃんと今の自分から逃げずに
ありのままを書きたいと思いました。
なのはなファミリーの一員として、
みんなの中で走らせていただけたことは、
自分の未熟さで失敗があったとしても、
とても有難く貴重な体験となりました。
昨日の体験を文章に起こし、
昨日の体験を心に刻み、
自分の中に積み重ねて
今後に繋げられるようにしていきたいです。

(やよい)

◆◇◆◇◆

DSCF5403

午後からは、大人数での牛肥撒きをしました。
ストップ田んぼの牛肥撒きを行ない、
この田んぼが牛肥撒きを行なう最後の田んぼでした。

エルフに乗った牛肥や、
田んぼに積み下ろした牛肥をテミに入れる人、
バケツリレーで繋ぐ人、田んぼに撒く人。
みんながそれぞれの役割に向かいながらも、
力強くテミに牛肥を入れる姿、
「はい!」という声掛け、
田んぼの中を駆け回る姿を感じて、
みんなと繋がって牛肥撒きができて嬉しかったです。

DSCF5395

青空のもと、周りにも田畑が広がる、
広々とした田んぼで、
みんなと牛肥撒きができて
清々しい気持ちにもなりました。

牛肥撒きを終えて、なるちゃんが
「今日で田んぼの肥料撒きが、すべて終わりました」
と挨拶してくれて、
みんなで拍手ができたことも嬉しかったです。

DSCF5384

夏に向かって、
田畑の準備も進めていけることが嬉しいです。

(のりよ)

◆◇◆◇◆

種まきでは、
カボチャと、落花生の種を蒔きました。

P4160003 (2)

P4160014

今年、カボチャは、6つの品種を育てます。
それぞれ特性の違った、カボチャを
夏、秋にかけて楽しめるように、
しっかりと育てていきたいです。

P4160005P4160033 240
〈カボチャの種と落花生。
落花生は、昨年、自分たちで育てたものから
種を採取しました〉

◆◇◆◇◆

P4160005 1
〈太ネギや、春菊、ナバナの収穫もしました〉