4月14日(土) 「フルマラソン前日 ー気持ちと身体を整えてー」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いよいよ明日は、
津山加茂郷フルマラソン全国大会です。

今日は今季最後のランニングで、
全員で梅の木コースを走りました。
みんなで、「いっちに、いっちに」と
声を掛け合いながら走っていると、
どこまでも走っていけそうな気持ちになりました。

P1019464
〈フルマラソン本番前日。  最終仕上げとして、  梅の木コースをランニングしました〉
P1019547
〈明日は、出走してからは曇り、晴れの予報ですが、  雨が降ったときに備えて、  ビニール袋で  雨がっぱを手作りしました〉

午後の初めには、
明日に備えての準備も行ないました。

フルマラソン実行委員の
あけみちゃんとしほち ゃんが、
フルマラソン大会の注意点や時間配分、
おすすめの栄養補給アイテムを教えてくれました。
説明を聞きながら、
フルマラソンに向けて
自分の気持ちが定まっていくのを感じました。

これまで、みんなと積み重ねてきた
過程を大切に、
明日はみんなのなかで、
謙虚に、淡々と走りたいです。

(あみ)

P1019573
〈 「20キロ地点で12時半なら、  時速8キロのペース」など、  ペース配分の目安にできる、  タイム表も配られました〉

 

●○●○● 

ビワの木畑に、
ハツカダイコンの種まきをしました。
1畝は白、もう1畝は外皮が赤色で、
直径2~3センチの、
まんまる可愛い、ハツカダイコンです。

畝をならし、
竹の棒で10センチ間隔ですじをつけ、
5センチ間隔で種を置いていきました。

畝いっぱいにハツカダイコンの葉が茂り、
風に揺れている様を想像すると、
嬉しい気持ちになりました。
また、種袋には、
『白いハツカダイコンは、
長さ8~10センチ、太さが1.5センチほど』
と書いてありました。
ミニチュア野菜のようで可愛いな、と思いました。

P4140005
P4140007
種を置き、5ミリ程度覆土をし、
さらに、もみ殻をかけました。
畝間の幅が狭く、作業しづらくないだろうか。
覆土の厚さはどれくらいが適切か。
畝の上の土はごろごろしすぎていないか。

リーダーのまりのちゃんが、
視野を広く持ち、流れるまま進むのではなく、
一歩立ち止まって、何が正しいのか、
頭と心を遣って考えている姿に、
(自分も、少しでも近づきたい)と思いました。
「倍土が少し見えるくらい、かけたいです」。
これから出てくる芽の負担にならないように、
まりのちゃんがやってみせてくれた量に
忠実にやりたい、と思いました。
種の気持ち、野菜の気持ちになって、
どうしたら芽を出しやすいか、伸びやすいか、
いつでも心を遣って、
意味のある作業をしたい、と思いました。

(りさ)

 ●○●○●

 P1019510
なのはなファミリーに来られている、
2人のお客さんに向けて、演奏をしました。
P1019521
P1019541
新しい曲順とフォーメーションで臨む演奏で、
毎晩、習慣練習を積み重ねてきました。
みんなと気持ちを1つにして、全力で表現しました。
 ***

DSCF5274
DSCF5235
DSCF5234
午前中は、田んぼの肥料入れや草刈りなど、
雨前に畑作業を進めました。