4月13日(金)「棟上げに向けて―倉庫北棟の建方着手&苗床づくり」

4月12日のなのはな

DSCF5119
建築作業では1日を通して、北棟の建方をしました。
建方のなかでも、基礎となる土台に柱を建て、
梁を渡すという行程でした。全員で一本ずつ、
柱の墨と基礎コンクリートの墨とを合わせて
仮の筋交いをつけて建てていきます。

今日は風が吹いていたり
日差しが明るかったため、
柱の垂直をみるために下げ振りや
レーザーレベルを使うことができず、
トランシットという道具を使いました。

〈トランシット〉

 

DSCF5143
柱を支える人、
仮どめの筋交いを柱にビスともんでいく人、
トランシットを使いながら柱を垂直に振る人、
みんなが同じ目標に向かって
同じ気持ちで作業に向かっているのを、
その場の空気と表情から感じました。
1ミリの誤差も許さない緻密な作業で、
良い仕事をしたいという強い気持ちに
研ぎ澄まされるような緊張がありました。

DSCF5351

柱と柱を渡す梁を固定して、
確認のために芯墨の間の長さを測ったとき、
ぴったりとあるべき4000ミリであることが確認できたとき、
みんなからふわっと喜びの息が上がりました。

DSCF5153

あと2本の梁を渡す作業が残っています。
落ち着いて確実に、
良い仕事をしていきたいです。

みんなと手をかけて、
空に向かって真っ直ぐに立った柱をみると
喜びがこみ上げてきます。

DSCF5358

おなじ目標に向かって作業できた時間が幸せで、
ひとつの成功体験として
共有させてもらえることが嬉しいです。

(はるか)

◆○◆○◆DSCF5295古畑ハウスに、
すでにあるサツマイモの苗床の隣に、
もう1つ、同じくらいの大きさの苗床を作りました。

3月に伏せ込みをしたサツマイモは、
芽を出したのですが、
病気の葉が多く、
予定通り定植できるかどうかが心配になりました。
そこで、今からでも遅くはないので、
もう1つ苗床を作り、
サツマイモの苗作りを始めることになりました。

DSCF5294

昨日作った木枠をはめ、
断熱材となる籾殻をかぶせた上に
土を3センチほどかぶせ、
そこに農電ケーブルを張りました。

DSCF5296

その上にサツマイモを伏せ込み、
サツマイモが隠れるくらいに土をかぶせ、
籾殻燻炭をかけました。
次こそは、成功するように管理していきたいです。

(まりの)

◆○◆○◆

園芸作業も進めました。

〈花壇の追肥〉
〈ダリアの植え付け〉