3月22日(木)「フルマラソン大会に向けて○気持ちを込めてー出麹ー」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3月22日のなのはな

フルメニューでは、今日から走行距離が伸びて、
石生コース(2.5キロ)、
なのはなコース(9.2キロ)、梅の木コース(2.5キロ)、
合計にして14.2キロをみんなで個人走で走りました。

古吉野から、みんなが笑顔で
勢いよく走り出す空気に、
これから小さな旅が始まるようで
ワクワクしました。
雨上がりで少し曇っていましたが、
ランニングには絶好の気候に感じました。

DSCF9571石生コースの急な坂道にさしかかったときも、
みんなと走っていたときのペースや
息づかいを意識したり、
みんなとお題を回したときのことも
思い出してパワーが出ました。
これまで、みんなの長い列のなかで
走らせてもらい、
坂道やきついときでも、
きつさと戦わずに
坂道を走る気持ちを作って走ることが
できるようになったと感じます。

DSCF9599
〈石生コースから見える広々とした  石生田んぼに開放的な気持ちになります〉

DSCF9578 
石生コースを走り終えて、
次は、なのはなコースです。
地域の方々が応援して下さったり、
広々とした田畑、これから開花する桜の並木、
春の草花に囲まれた道のりを走ります。
普段は遠くに見える那岐山を、すぐ近くに感じたり、
小鳥のさえずりも聞こえてきて、
豊かな自然も感じながら、
そのすべてをフィールドに走れることが嬉しいです。

最後は梅の木コースです。
1月の初旬から、みんなと走り始めた頃を思い出し、
もう1度初心に戻って走ろうと思いました。
最後の1歩まで、心地良い緊張感を感じました。
場所は違っても、同じコースを走るみんなと
ずっと繋がっているように感じたり、
約1時間半のランニングを終えて、大きな達成感も感じました。

4月15日に開催される
『津山加茂郷フルマラソン大会』まで、
1か月を切っています。
これからも、みんなの大きな流れのなかで、
気持ちも身体も作っていきたいです。
謙虚な気持ちで1歩1歩を積み重ねていきます。

(のりよ)

***

P1017841a
〈糀全体にフワフワとした白い菌糸が  お花が咲いたように覆っていました〉

塩糀作りのみんなは、
夕方、出糀を迎えました。
出糀の時間が近づくと、
家庭科室の窓から光が入ってきました。
糀を作っている間は雨の日が続きました。
気温も低く、温度管理がしやすかったです。
いよいよ出糀というときの晴れ間に、
晴れやかな気持ちで 出糀を迎えることができました。

P1017807 (2) 
P1017835
片付けと仕込みに向けて準備をしていると、
育苗機に使っていた毛布を
干しに行ったメンバーの子が
虹がかかっていると教えてくれました。
手が離せなかったのですが、
家庭科室の窓からも虹を見ることができ、
お祝いの虹かなとみんなと話しました。

糀はどの米粒にも花を見ることができました。
明日、この糀を塩と混ぜて仕込みます。
いい塩糀ができるように、
最後までメンバーのみんなと気持ちを込めて
手入れしていきます。

(なる)

***

P1017757午後は時間を区切って
楽器練習とソフトバレーをしました。

楽器練習では、 基礎を中心に練習を重ねています。

 

P1017736