3月19日(月)「美しく、緻密に ― 倉庫建築、根巻きコンクリート打ち●塩糀作りの始まり ―」

3月19日のなのはな

今日の建築作業では、
南棟の柱8本すべてに
根巻きコンクリートを打つことを目標にしました。

DSCF0134
〈ヒノキの柱が、じかに土に接して腐ってしまわないように、柱の根元にコンクリートを打ちます〉

朝から雨が降っていたのですが、
水曜日まで雨が続くことや、
最低気温が0度まで下がらない日が続くことを考慮して、
今日進めたい作業でした。

午前中に
根巻きコンクリートを打つメンバーで
須原さんとやり方や作業の流れを確認して、
午後に向けての道具などの準備をしました。

DSCF0096

DSCF0090
〈壁としてのトタンを固定するときに使う『傘釘』です〉

柱のすべてにレーザーレベルと
オートレベルという機械を使い、
コンクリートをどこまで流すのかの印をつけました。
レーザーレベルより
性能の良いオートレベルを使って
再確認するなど、作業の緻密さを感じました。

コンクリートを練るときも、
前回基礎のコンクリート打ちを
したときのことを踏まえて、
セメントに対しての砂利や砂、水の割合を見直して、
須原さんと作業しているメンバーで
固さを確認しながらしました。DSCF01321DSCF0140

型枠のなかに流し込まれた
コンクリートがつやつやと輝いて見えて、
作業の美しさを感じました。
美しく、かつ緻密に正確に、
目標をもって作業できることが嬉しかったです。

5時過ぎまでかかってしまったのですが、
目標としていた
すべての根巻きコンクリート打ちを
終わらせることができてとても嬉しかったです。

DSCF0114

お父さんが教えてくれたことで、
雨が入らないように
ビニールと養生テープで覆うこともできて、
良い状態で固まってくれるのではないかと安心しました。

(はるか)

◆◇◆◇◆

塩糀作り、始まります。
なのはなの手作り糀の塩糀。
びっくりするほど柔らかい鶏肉、
優しい塩味のキャベツの和え物、
塩糀の魔法にかかった、なのはなの料理。P1017227

お父さん、お母さん、
それからなのはなの台所、
河上さんからも、
「もう一度、作って欲しい!!」
とラブコールがかかったほどです。

1年分の塩糀を作るため、
味噌作りと同じように、米糀作りからスタートです。
今日は、お米研ぎと主に準備を進めました。
流水の音と、
米を研ぐジャッ、ジャッ、という音が心地よく、
みんなの集中した空気のなか、
これから糀が住まうお米に向かいました。

種付け台にぴっちりと張られたビニールや、
整理整頓された家庭科室を見ると、
初心に帰った気持ちで、すっきりとしました。

P1017281

それから、育苗器、種付け台のセット、
糀菌を量ったり、糀箱を熱湯消毒したり、
みんなで協力して
夕方5時までに準備を終えることができて、
嬉しかったです。

(りさ)

◆◇◆◇◆

午後からは、
みんなでソフトバレーをしました。P1017418

6チームに分かれて、
総当たり戦を行ないました。
試合が進むにつれて、
チーム内でのポジション取りが定まっていき、
攻撃的な試合展開へとなりました。

最後には、出身地の東西対決も行ない、
盛り上がりました。

P10174231

◆◇◆◇◆

外は、雨が降っており、
ハウスでの作業を進めました。

P3190002
〈キャベツの鉢上げをしました〉

1

◆◇◆◇◆

DSCF9498
〈その他に、吉畑手前ハウスで育っている、ナバナやシュンギクの収穫もしました〉

DSCF9503

DSCF9511