3月2日(金)「3年後の誰かへー第4弾味噌の仕込みー&陶芸教室」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3月2日のなのはな

今日は味噌第4弾の仕込みをしました。
第4弾では、黒大豆味噌を1樽、
白大豆味噌を1樽作りました。
朝食前に準備を始めて、
7時7分に1鍋目を点火して
黒大豆を煮る作業がスタートしました。

P1015482

豆が踊らないような、
でも灰汁がちゃんと出るような、
絶妙な火加減で煮ていきました。
黒大豆の煮汁は赤ワインのような深い赤色、
白大豆の煮汁は黄金色で、すごく奇麗で、
煮上がった豆も艶があってふっくらしていました。

P1015411

煮上がると、
それを量ってからミートチョッパーにかけて
潰していきました。
ミートチョッパーが一度も詰まることなく、
繋がって麺状になって出てきて、
すごく良い煮加減だということを感じて
嬉しくなりました。

P1015433

テーブルにみんながついてくれて、
まずできた糀と塩を混ぜていきました。
そしてそこにミートチョッパーにかけた豆を広げて
混ぜていきました。

 

〈黒大豆は手触りがしっとりとしていました〉

自分たちで世話をして作った糀で
味噌を作れるというのが本当に嬉しくて、
糀や大豆に愛着を感じて、
味噌玉を作っているとすごくそれが愛おしく感じました。

黒大豆と白大豆とで感触が違う!
とみんなが話していて、
そういう違いを感じながらできるのも
面白いなと思いました。

P1015438

樽に蓋をして
最後にちさとちゃんが、
「一緒に仕込みをしたメンバー全員の
名前が書いてある紙を樽に貼ります」
と教えてくれて、
第4弾のメンバーで作った糀を使って、
今のメンバーで仕込んだ味噌は、
世界にたった1つなのだと思いました。

P1015490

糀づくりの思い出や、
みんなの楽しい気持ちがこもったタイムカプセルが、
3年後に誰かを笑顔にしてくれるのを思うと、
すごく嬉しいなと思います。

(のん)

P1015519

P1015512

◆○◆○◆

DSCF7006 350

陶芸教室に行きました。
今月は、小皿をつくります。
白土に、コバルトで絵付けをするものと、
赤土に、白い化粧土を水で溶いたものを塗り、
それを削って模様をつける、
2種類の小皿をつくります。
私は、赤土の小皿をつくりました。

DSCF7020 250

まずは、土を伸ばし、板状にしていきました。
土のやわらかくも力強い感触や、
なめらかで、しっとりとした表面が、
きれいだなと思いました。

竹内先生が、
焼き上がった前月の作品を
見せてくださいました。
優しさや、誠意、
その作品をつくった子の気持ちが、
きらきらと輝いているようで、
作品を艶やかにしているように感じました。

DSCF7022

「気持ちがそのまま出るからね」
「熱意がわかるんだ」と
竹内先生が仰いました。
その言葉が、心のなかに、
あたたかく留まりました。
私も、まっすぐな気持ちで
土に触れたいと思いました。

DSCF7014

一つ触れる度に、土をひと撫でする度に、
作品が変わっていきます。
それが面白いなと思うし、
難しいなと思います。
指先に気持ちを込めて、
土に触れたいです。

次回は、形を整え、
そして化粧土を削って模様をつけます。
良い作品になるように、頑張りたいです。

(ゆず)

〈前回作った一輪挿しも完成しました〉

 

◆○◆○◆

春野菜に向けて、種まきを進めています。
この日は、コマツナの種まきをしました。

P3020030 300

畝の整地、種まき、覆土、
モミガラ燻たん掛け、
水やり、ビニール掛けの工程を、
スピード感を持って、
1つずつ確実に進めていきました。
種まきは、条間15センチ、
株間4センチをとりました。
コマツナの種は、約1ミリ大の円形で、
茶色いものと
少し黄色がかった色の2種があります。
トレーのなかで、
ころころと転がる数々の種が
可愛らしいなと感じました。
現段階では株間を少し狭めにとり、
これから成長につれて
間引きを行っていく予定です。

P3020043

崖崩れ北ハウスに2畝分の種をまきました。
温かなハウスのなかで、水やりをしていると、
播かれたばかりの種も
気持ちが良さそうに感じました。

各工程を、順を追って進めることで
やるべきことが明確になり、
作業もしやすかったです。

種まきをしていると、気持ちが落ち着き、
穏やかな気持ちになります。
全神経を集中させて、
目の前のことに真っ直ぐ向かう、
この時間が好きです。

P3020044

今はこんなにも小さい種なのに、
芽が出てグングン成長していくことを思うと、
野菜の生命力の強さを実感します。

これから水やりと、
まだまだ気の抜けない朝夕の温度管理をしっかりして、
良い成長に繋げていきたいです。

(るりこ)

◆○◆○◆

今日も、建築の作業は進んでいます。
DSCF5213

〈今日は、母屋となる4本の丸太が、  1本に繋がりました。  全長は16メートル20センチあります〉