2月28日(水)「雨の前に気持ちを1つに○開墾作業&第2弾レタスの種蒔き」 

2月28日のなのはな

DSCF4551

大人数で桃畑の開墾作業を進めました。
午後から雨予報ということもあり、
作業のはじめにあんなちゃんが話してくれた
目標を達成するために、
みんなで一丸となって作業に向かいました。

DSCF4544

今日は主に26アールの畑の開墾を進めました。
最初は畑全体の3分の2の区画を中心に、
目に見えている笹の根や石、
木の破片などを拾いました。
その後にミツグワで土を深く起こしてから、
もう一度みんなで笹の根や石を
取り除いていきました。
1つひとつの作業を時間で区切りながら、
全員が同じ動きをするという
方針が分かりやすくて、
目標と時間を意識しながら、
作業に取り組みました。

DSCF4554

なおちゃんが26アールの畑全体に
トラクターをかけてくれて、
作業の終わる1時間前には、
全員で畑全体の笹の根や石を
取り除くことができて、嬉しかったです。
トラクターで耕すと、
今まで土の深くに埋まっていて
取りきれなかった笹の根が地上に現れて、
どんどん畑が奇麗になっていくのが
嬉しいなと思いました。

P2280026

3月に予定している
桃の苗木の植えつけに向けて、
これからもみんなで力を合わせて、
開墾作業に取り組んでいきたいです。

(あみ)

***

DSCF6033

レタスの種蒔きをしました。
はじめに深さ3ミリ程度の植え穴をつくり、
そこへ種を蒔いていきます。
直径2~3ミリほどの小さな種を
その1点めがけてそっと置くように、
1粒1粒慎重に、
気持ちを落ち着かせて向かいました。

DSCF6046
〈種蒔きから5日後の、第1弾レタスの苗です〉

色も形も、レタスの原形がない
この小さな種が、芽を出して成長し、
5月には鮮やかな黄緑色の
結球レタスになるのだと思うと、
興味深く感じました。
種を蒔いたあとは、覆土をしました。
レタスの発芽には光が必要なため、
土の量には気をつけて、軽く被せました。
限られた作業時間のなかで、
1200粒を蒔くことを目標に
作業を進めました。

DSCF6005

種蒔きをしている途中で、
雨音が聞こえてきました。
久しぶりの雨です。
ハウスの屋根に打ちつける
心地よい音を聞いていると、
自然と気持ちも穏やかになっていきました。

DSCF6045

DSCF6040
〈吉畑ハウスのミズナの苗とナバナも成長しています〉

静かな空気のなかで、
集中して作業を進めることができました。
春夏野菜に向けて、大事な一歩。
発芽から定植まで、
しっかり見ていきたいです。

(るりこ)

  ***

DSCF5361

DSCF5348
〈1日を通して、農機具倉庫の建築作業も進めました。 電動カンナやノミを使い、 柱と梁に使う丸太の加工や、 須原さんと基礎のコンクリートの墨入れを進めました〉

***

P1015349 2
〈味噌作り第4弾では、順調に糀菌の繁殖が進んでいます。 夕方に1番手入れを行ないました。 日中や夜間も温度と湿度管理をしていきます〉