2月7日(水) 「気持ちを1つに ー味噌作り4日目『出糀』ー」 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2月7日のなのはな

DSCF7020

グラウンドに農機具と肥料の倉庫を
建てるために、場所作りをしています。
午前にブランコと鉄棒の解体を進めました。
須原さんに道具の使い方を1から教えてもらいました。
須原さんに教えてもらうこと1つひとつを
吸収して、学んでいきたいです。
DSCF7013

ラジェットレンチという道具を使って、
ブランコや鉄棒のネジを外しました。
明日、ブランコと鉄棒を
別の場所に移動する予定です。
グラウンドに植えてある4本の栗の木も、
明後日に移植する予定です。

栗の木は「利平」と「岡山一号」
という品種が2本ずつあります。
盛男おじいちゃんが来て下さって、
明後日にみんなと移植をするので、
活着して、良く育つように、慎重に行います。
これから、栗の木の手入れをしていくのも、
とても楽しみです。
DSCF7019

栗の木の移植や、
ブランコと鉄棒の移動が終わると、
倉庫を建てる土地の整地をすることができます。
いよいよ倉庫建築が始まります。
1つひとつが初めてのことですが、
須原さんの元で建築を学ばせてもらえることが
とても嬉しいです。
良い働きができるように、
頭を使って動いていきたいです。

(しほ)

***
午前中は畑にダストを撒く作業も進めました。
3枚の畑を周りダストを撒きました。
DSCF2432

***

P1013292

 第1弾の味噌づくり4日目。
この日は、朝の6時から
最後の手入れである『仕舞仕事』を行ない、
夕方の4時には、無事に『出糀』を迎えました。

昨日に引き続き、昨晩から早朝にかけても、
それから今日1日を通しても、
糀の温度の変化がとても大きく、
糀たちが、元気よく活発に働いていることを感じました。
最後の最後まで、温度管理には気を抜けず、
1時間おきに行なっていた見回りも、
この日は時間を空けずに、
頻繁に糀の様子を見に行き、
あまりに温度の上昇が早いときには、
味噌メンバーで交代しながら、
ずっと糀のそばで過ごしました。
ハラハラドキドキしたりもするけれど、
こうして、みんなと糀に気持ちを向けられること、
この時間が、とても愛おしくて、
嬉しいな、と思いました。

P1013307そして夕方4時。
出糀のため、メンバーは家庭科室に集合です。
「39度になったら、出糀をしよう」
そうあらかじめ、リーダーのなるちゃんを中心に、
決めていました。

1人、2人、3人……と家庭科室に集まり、
4時5分前には、糀の温度が38.3度でした。
他の作業をしていた、まりこちゃんがくると、
糀の温度は38.5度になり、
最後のちさとちゃんが入ってくると、
糀たちは、メンバー全員が揃うのを
待ってくれていたかのように、
ベストなタイミングで、39度を越えました。
そのとき、自然と笑顔がこぼれ、
糀たちには、私たちの気持ちが
伝わっているのだな、 と思います。

P1013320

糀箱のふきんをめくると、
一面真っ白で、ふわふわした
米糀の姿が現れました。
顔を近づけてみると、
お米の周りには、はっきりと菌糸のお花が
咲いている様子が見られ、
それが、なんとも可愛くて、
いつまででも見ていられるという気持ちになりました。
とても出来上がりの良い、きれいな米糀になり、
嬉しかったです。

第1弾の味噌メンバーで、糀と過ごした3日間が、
あっという間だったようにも感じますが、
長い間ずっと糀と一緒に旅をしたような、
そんな気持ちにもなって、
今、こうして出糀を迎え、
少し寂しい気持ちにもなります。

いよいよ明日は、味噌の仕込みが待っています。
今朝は、みんなで選別した白大豆を洗ったり、
夕方には、仕込みに向けての
道具や材料の準備なども行ないました。
明日の仕込みがスムーズに流れるよう、
自分の役割を意識して、備えていきたいです。

(みく)

***

P1012924

午後にアンサンブルの練習をしました。
パートごとに異なる曲を練習していて、
パートごとに分れた部屋から、
いろいろな曲が聞こえてきました。
このアンサンブルの曲を、
個人練習は別にして、
全部で8回の練習で完成させるのが
目標になっています。
今日は、その2回目でした。
P1012921

〈音楽室ではサックスパートが練習をしました〉

トランペットパートは、
以前はトロンボーンのアンサンブル曲だった
『スペイン』という曲を、
トランペットの楽譜に書き換えて、
今日が初めてのパート練習となりました。
みんな今日の練習を楽しみにしていて、
楽譜を配ったばかりだったのですが、
みんな事前に譜読みをしていてくれていたので、
すぐに練習に入ることができました。

 

DSCF7045
DSCF7071
〈トランペットパートはこの日から練習を始めました〉

はじめにみんなで、
原曲とこの楽譜の音源を聞きました。
初めて聞く人も、もともとこの曲を知っていた人も
それぞれですが、
自分たちがこれからこの曲を
練習してつくっていくんだという
期待とワクワク感で、笑顔になりました。
今日は、冒頭部分を合わせるところまで
練習が進みました。
これからも、みんなで気持ちを合わせて、
『スペイン』を完成させていけることが楽しみです。

アンサンブルの練習ができて、
目標をもって楽器に向き合うことができ、
みんなで上達していけることが
とても嬉しく思っています。
いずれは、みんなで発表ということに
なると思いますが、
他のパートのみんながそれぞれの曲を、
それぞれのパートの色で演奏するのを
聞かせてもらえることが、とても楽しみで、
自分たちの演奏も聞いてもらえることが、
とても嬉しいです。

(あやこ)