1月2日(火)「顔真卿の『春天』 ―書き初め、百人一首、セブンブリッジ大会」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1月2日のなのはな

新年2日目、書き初めをしました。
七福神に扮した実行委員さんが
出囃子とともに登場し、
書き初めが始まりました。

〈1人ひとりがじっくりと字を書けるよう、  半数ずつのグループに分かれて、  午前、午後と半日ずつ筆を持ちました〉

P1016200

はじめに、お父さんが、
筆遣いや書き初めの
ポイントを教えてくれました。
筆の入りや止め、抜き方。
正しいかたちを教えてもらうと、
(こうしたい)と、求めるものが明確になって、
より透明な気持ちで半紙に向かうことが
できたように感じました。

はじめは、顔真卿の
「春天」の字を書いていきました。
「春」の字の、横の線を引くとき、
ほんとうに、筆の入りや、止めは、
繊細なものなのだと感じました。
自分の気持ちの迷いや揺れ、確信の無さが、
そのまま1画に表れると思いました。

音がなくなるみたいに、
まっすぐな気持ちで集中できたときは、
たった1画にも物語や
感情が表現されるように感じて、
その1画が、とても愛おしく感じました。
「春」や「天」の字の、
右のはらいを書いていると、
その筆に乗って、自分の心も前向きに
広がっていくように感じて、嬉しかったです。

途中で1度、お父さんが、
1人ひとりにアドバイスをしてくれました。
自分の最も改めるべきところがはっきりとして、
その段階を経て、
清書へ臨めることが嬉しかったです。

〈自分を消して、顔真卿の字の形、書くスピードなどすべてを真似て書きます〉

1画1画の入りや止めに、
集中して向かっていると、
字の形や表面的なものを
きれいに書こうというよりも、
自分の気持ちから雑味をなくして、
集中し、誠実にありたいという気持ちになって、
字を書くことが、
どんどん楽しくなっていきました。

P1016204

P1010026「春天」の字のあとには、
1人ひとり、今年の抱負を書きました。
私は、「明確」の字を書きました。
1つひとつに明確な答えを持って、
曖昧にせず、流さず、責任を持って、
毎日を積み重ねていくこと。
今年の抱負を誓うように、
1画1画に、気持ちを込めて書いていきました。

〈盛男おじいちゃんも、書き初めを見てくださいました〉

半紙に向かっていると、
ほんとうに、自分の心の迷いや揺れ、
確信のなさ、集中力が、
そのまま表れるのだと思いました。
今の自分が、
ありのままに表れていくように感じました。
半紙に向かうことで、
自分と向き合えたように感じました。

1年の初めに、こうして、抱負を
確かな気持ちにしていけることが、
とても嬉しいと思いました。
この気持ち、抱負を心に、
1年間、日々を重ねていきたいです。
墨の香りに包まれ、
澄んだ空気の中での集中した時間が、
嬉しかったです。

(ゆず)

***

一方、2年生教室では、
百人一首大会を、
午前の部と午後の部に分けて
行ないました。

P1016238

百人一首大会、午後の部では、
坊主めくりクイーンとなった2人が
大勝利を収めました。

百人一首大会では、今年の干支にちなんで、
犬の名前の書かれた3つのリーグに分かれて、
「ばら取り」「源平戦」
「青冠」「坊主めくり」の
4種類の遊びをしました。
ばら取り、源平戦は、頭を使い、
緊張感の漂う試合でした。
百人一首の絵札を目にしたり、
和歌を声に出して詠むことも、
お正月ならではだなと思いました。

IMGP6230 2

青冠では、対角に座る、
同じチームのまりこちゃん、ゆかちゃんが、
私たちのピンチのとき、助けてくれたお陰で、
勝つことができました。
チームで協力して、勝ちに持っていく
おもしろさを味わえて、嬉しかったです。

P1016338

P1016293 200

そして、4種目目に、坊主めくりをしました。
ちさちゃんチームの
あみちゃん、ゆうなちゃんペアが、
驚くほど強かったです。

1試合目から2試合目、
そして最後の、上位6ペアが集まっての
坊主めくりクイーンを決める戦いのすべてで、
あみちゃん、ゆうなちゃんペアは、
ほとんど坊主を引くことなく、
姫と殿を引き続けました。
他のチームに圧倒的な差を付けて、
ちさちゃんチームの
あみちゃん、ゆうなちゃんペアが、
優勝しました。

P1016393

坊主めくりでは、
チームの人と一緒に、祈りを込めながら、
札を引くときの
ドキドキする気持ちを存分に味わえて、
楽しかったです。

P1016398この日、午前と午後とで、
書き初めと百人一首の二手に分かれて、
お正月2日目を過ごしてきました。
最後に、1つの部屋に集まって、
百人一首実行委員の人たちから、
百人一首の結果発表を
みんなで聞けたことも、 嬉しかったです。

(ゆりか)

◆◆◆

夜のセブンブリッジ大会では、
紀州犬、秋田犬、
甲斐犬、四国犬、柴犬の
5種の日本犬の名前がついたリーグで
試合をしました。

〈『ワカ・ワカ』にのせた実行委員の演出で大会が始まりました〉

開始して、すぐに
リビングは真冬の夜というのに
ストーブもいらない程の
熱気に包まれました。
初っ端から一発上がりを決めるペアもいました。
私のペアは最初は小さく減点されていって
勝ち数も多くはなかったのですが、
後半の最後の最後で
まさかの一発上がり連発で、
1回の試合で1560点も獲得しました。

 

それでも私たちのペアは
全体では2位で、
1位のペアは2000点以上も
点数を稼いでいました。
リーグ内で最下位のペアは
運のありそうな席に移動してもいい
というルールがあったのですが、
移動することで流れが変わるようで
ドキドキしました。

さて、セブンブリッジ最終夜の1月3日は、
どんな下剋上が起こるのか!
今年の運を試すような気持ちで、
熱く盛り上がりたいです。

(もも)

P1016431