1月1日(月)「穏やかな元旦を迎えて」

1月1日のなのはな

2018年。
朝起きると、窓から真っ青な空が見え、
清々しい気持ちで
新年を迎えられたことが嬉しかったです。

〈穏やかな朝をみんなで迎えました〉

 

〈手作りのおせち料理と、  スルメで出汁を取ったお雑煮を  いただきました〉

IMGP0533

元日の今日は、
まず初めに、
みんなでお屠蘇をいただき、
1人ひとり、
今年の抱負を言葉にしました。

「今年は、優しさとか謙虚さとか、
そういうものはもう前提として、
そのさらに上のレベル、
何か新しい枠組み、
秩序を作る年だと思います。
人は誰でも、よくありたいと思うから、
将来も必ず良くなります」

お父さんはそう話してくれました。
みんなの抱負も共有させてもらって、
さらに気持ちが引き締まりました。

自分自身、まだまだ未熟だけれど、
必ず良くなれると、
人の事も自分の事も信じて、
これから過ごしていきたいと思いました。

IMGP0607

 

その後、みんなで元朝参りに行きました。
外に出ると、太陽の光がとてもあたたかく、
お父さんとお母さんを先頭に、
2列で並んで歩いて行きました。

IMGP0625

道中も神社に着いてからも、
たくさんの人と
「おめでとうございます」
と挨拶しました。
世界中で、こうして
新年のお祝いをしているのだと思うと、
少し不思議な気持ちにもなりましたが、
とても嬉しかったです。

IMGP0740

みんなで順番に、神様にご挨拶をしました。
神様に聞こえるように鈴を鳴らして、
手を合わせて、お祈りしました。
何を言えば良いのか、
初めは少し迷ったのですが、
お母さんの、
「みんなのための欲なら
いくらでも持って良い」
という言葉を思い出しました。

P1015779

いつも「1人を慎む」
ということを教えてもらいます。
神様にいつ見られても
恥ずかしくないような行動をする。
神社にいると、
その場にいるだけで
気持ちが落ち着いてきました。
もっともっと、神様の存在を感じながら、
誠実な人でありたいと思います。

(まゆみ)

IMGP0800

〈みんなで馬跳びや連想ゲームをしながら帰りました〉

 

お昼に、卒業生のそらちゃんと
旦那さんの細尾さんが、
昨年9月に生まれた
こはるちゃんと一緒に、帰ってきてくれました。

P1015877
たくさんの人を見て
少し緊張した様子の赤ちゃんと、
そらちゃんと細尾さんの幸せそうな笑顔に、
明るく嬉しい気持ちが広がりました。

***

P1016044

午後からは
お正月遊び第1弾、
二人羽織が開催されました。
今年の干支、犬の耳をつけた実行委員さんが
二人羽織の進め方、
ルールを説明してくれて試合開始です。

なのはなの二人羽織は
羽織ををはおった人がお箸を持ち、
前が見えない状態で
前の人と息を合わせて
豆をトレーからカップへと
移していく遊びです。

お箸や羽織を使った遊びは
日本のお正月だからこそだと思います。
使われる豆も、
なのはなで作った黒豆や小豆、
白大豆や銀杏が使われました。

IMGP09311種目目はノーマル対決です。
各チーム1ペアずつ
5回戦でまわして点数を競います。

制限時間の中でどれだけ
豆をお箸で掴むことができるかだけでなく、
豆は種類によって点数が変わってくるので、
どの豆を掴むかが重要になってきます。

「はいっ! はいっ!」
とリズム良く豆を掴むチーム、
慎重にお箸を動かすチーム、
声援に迫力のあるチーム、
どのチームをみてもみんな笑顔で、
明るい空気で満たされていました。

P1016056

2種目目はノーマル対決の結果をもとに、
トーナメント戦を行いました。
どのチームも
二人羽織のスペシャリスト揃いで
ハイレベルな戦いでした。
1回で2粒づかみや、
本当に見えないでやっているのか、
と思うような
的確な箸捌きに
みんなが釘付けになりました。

二人羽織、最後の対決は
指名制度戦で盛り上がりました。
相手チームのなかから
お互いに戦うペアを指名しあう対決です。

誰を指名するかで結果が変わってきて
ドキドキが止まらなくなりました。
みんなが動くお箸、
掴まれた豆に夢中になっていました。

〈結果発表のあと、  6位だったチームは罰ゲームで、  「あけましておめでとう」の尻文字を書きました〉

あちこちであかるい声援や
拍手が聞こえてきて、
二人羽織の楽しさを
200パーセント知ることができました。

新しい年を、みんなと笑顔でスタートできて、
とても嬉しくて
満たされた気持になりました。

「上品にお箸を使って、
周りの人と息を合わせて、
協力して過ごしていきたいですね」
最後の実行委員さんの言葉に
心持ちも正してもらって、
夜も、明日もたくさんの
楽しいことが待っているので、
みんなと思いっきり楽しんで
遊び尽くしていきたいです。

(はるか)

 

 

夜には、「新年ライブ」がありました。 
お父さんとお母さんの、ギターの弾き語りと、 
みんなからの質問への答え、 
2018年のなのはなファミリーの展望など、 
たくさんの話や歌をみんなで聞きました。 
夜のなのはなは、後ほどアップします。

―――――

また、この日は、 
木彫家である大竹さんが作られた、 
「鹿子伊勢海老(カノコイセエビ)」の自在置物を 
見せてくださいました。 
自在置物は、 
生きている海老と同じように関節がまがる置物です。

IMGP6550

IMGP6541

IMGP6526

IMGP6530