12月24日(日)「なのはな、お餅つき&心に残るプレゼント――クリスマス会」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

12月24日のなのはな

P1014795 (2)
午前中は、盛男おじいちゃん、
永禮さん、友の会の方、正治さん、
村田先生も来てくださって、
家族みんなで、
お正月に向けてのお餅つきをしました。

体育館に行くと、
餅米を蒸籠で蒸しているあたたかい湯気と共に、
ほんのりと甘い良い香りがしてきました。
蒸し上がった餅米は、
すぐに中庭に設置してある臼まで運び、
一つの臼に2人ずつ入って、
交互に杵でついていきます。

冷めて固くなってしまわないように、
スピードも意識しながら、「よいしょっ。よいしょっ。」
というみんなのかけ声に合わせて、
みんなで代わりばんこでお餅をついていきました。

P1014872 (2)
P1014824
お米の粒がなくなってくると弾力も増してきて、
杵を持ち上げたときに粘りと重みを感じます。
つき終えたお餅はすぐに、
みんなの待つ餅とり粉を広げたテーブルに移し、
お母さん、河上さん、あゆちゃんが
手で小分けにちぎっていってくれたお餅を、手で丸めていきます。

このとき、ただ手の上で転がすのはなく、
左手を平らにした上にお餅を乗せて、
右手はお餅を包むように丸くし、
左手の平に押しつけるようにして、形を整える意識で、
手早く丸めていくのだと河上さんが教えてくださいました。

P1014783
P1014846 (2)
つきたてのお餅を手にとったとき、
とろけていきそうなくらい柔らかくて、
手の中に残る温もりに、
お餅一個一個が大切な、
愛おしいものに思えたり、
みんなが丸めたお餅を見ていると、
すべすべの真っ白い肌に、
餅とり粉のおしろいを、ほんのりと塗しているみたいで
可愛らしいなと感じました。

全部で、餅米が5斗6升、
28臼分のお餅をついたのですが、
みんなの活気ある力強いかけ声の中で、
次々とつき上がっていき、
約1時間半ほどで、
全てのお餅をつき終えることができました。

P1014900
〈盛男おじいちゃんが、  餅切り機の使い方を教えてくださいました〉

P1014864 (2)
P1015007A
P1014907
中庭に設置された三つの臼の周りを、
みんなが囲むようにしてかけ声をかけながらお餅をついていたり、
体育館の中では、餅米を蒸したり、
お餅を丸めているみんなの姿があり、
みんなの嬉しそうな笑い声で溢れていて、
家族みんなで過ごせる時間が嬉しいなと思いました。
P1015015
昼食には、つきたてのお餅を体育館で
みんなで輪になっていただきました。
表面はつるんとして艶やかで、
なめらかで、柔らかくて、優しい甘さのお餅。
家族みんなでついたお餅は、格別でした。
みんなで田植えをして
お米を育てるところから始まり、収穫され、
こうしてみんなでいただけることも嬉しいし、
とても有り難いことだなと思います。
また、餅米を蒸したり、
臼と杵を使ってみんなでお餅つきをし、
お正月を迎えられること。
家族みんなで行う年末の行事も大切にしていきたいです。

(もえ)

 

***
午後に、お正月に向けて、
盛男おじいちゃんが
しめ縄のお飾りづくりを教えてくださいました。

DSCF5023

DSCF5059DSCF5068

***

P1014933

夜は村田先生もご一緒にクリスマス会をしました。
村田先生が村田サンタさんとなって
物語が進んでいくように
実行委員のみんなで司会進行を進めました。
レクリエーションでは、連想ゲーム、と
実行委員が動物の鳴き声で
歌っている曲を当てる
音当てゲームをしました。同じチームのみんなが机を囲み、
話し合い、ときにはみんなの笑い声が聞こえてきて、
みんながクリスマスを楽しんでいることを感じられて
嬉しかったです。

 

DSCF5005
〈連想ゲームは、実行委員さんのお題に沿って  連想する単語を  より多く出したチームが勝ちという  ルールでした。  またお父さん、お母さん、村田先生が  連想した単語と同じ単語が入っていれば、  ボーナスポイントを獲得できました!〉

P1015101

P1015138
〈音当てゲーム。  ウィンターコンサートで演奏した曲を  動物たちの鳴き声で歌い何の曲かを当てました  耳に馴染んでいる曲も、  動物の声になると、  当てることが難しかったです〉
P1015161
〈優勝チームには、村田先生から  スペシャルプレゼントがありました〉

アンサンブル演奏では、
クリスマスにちなんだ曲を3曲演奏してくれました。
クリスマスのあたたかな空気や、
わくわくした心が弾むような曲調などを聞いて、
みんなそろってクリスマスを迎えられること、
みんなと笑い合えることが、
かけがえのないことなんだなと思いました。

ティータイムでは地域の方が
1人ひとりに折って作ってくださった
折り紙で作ったお菓子箱をいただきました。
みんなと過ごせた夜があたたかくて、
幸せに感じました。

(ゆきな)

P1015176

P1014929
〈ティータイムでは、  地域の方が1人ひとりにと  手作りで折ってくださった  お菓子箱をいただきました〉