12月19日(火)「新たな目標に向かって ー ソフトバレーボールの練習、畑作業 ー」

12月19日のなのはな

23日に行われる、
わいわいソフトバレーボール大会に向けて、
選手は練習をしました。

DSCF2062

なのはなからは2チームが出場する予定です。
今日は、動きの確認をしながら、
チームの4人で一番良いボール回しや位置取りを
見つけていきました。

ソフトバレーは、強打でなく、
相手の穴を見つけて、そこに的確に落とすことが
攻撃の最大のポイントだと、お父さんが教えてくれます。
相手の動きを見たり、
予測して、瞬時にどこに落とすかを決めるのが、
とても難しいと感じます。

DSCF2042

ワンパターンの攻撃にならず、
頭を使って、前後をつけたり、
高低差をつけた攻撃が少しでもできるように、
目の前の一球に集中して向かいたいです。

ソフトバレーをすると、
頭が使えていないことを強く感じます。
頭を使って、やっていても見ていても、
面白いゲームにできるようにしていきたいです。

(しほ)

DSCF2076

***

DSCF2126

いいとこ下畑で育てているハクサイの手入れを、
大人数で進めました。
12月も下旬になり、寒さが厳しくなるなかで、
中身の詰まったハクサイになるよう、
また、霜や雪から守るため、
結球しているものを、外葉で包み、
スズランテープで、縛りました。

DSCF2107

DSCF2123

2人1組での作業は、とてもスムーズで、
予定時間よりも、1時間早く終わらせることが
できました。

収穫も始まってきており、
これからの株たちも、
締りの良いハクサイを収穫できるよう、
手入れを行なっていきます。

(あみ)

***

午後は、堆肥にする落ち葉を集めに、
大井が丘までいきました。
てみを使い、落ち葉の山を目がけて、
ブルドーザーのように集めていくやり方が
集めやすく楽しく感じたり、
集めてもまだ周りには山ほど落ち葉が散っていて、
宝の山のようだなと思い、嬉しくなりました。

DSCF2047

ふとした時に顔を上げると、
木々に囲まれた中にいて、
木漏れ日が差している穏やかな景色に、
自然と心が落ち着いていったり、
何処かで動物がこちらを見ていそうな、
小人が現れそうな、
そんなファンタスチックな気持ちにもなります。

袋一杯に詰まった落ち葉を運んでいると、
心が満たされていくように感じたり、
落ち葉たちが擦れ合うカサカサという音が
心地良く思えて、
午後の作業時間は約2時間と短かったのですが、
時間を忘れてしまうほど夢中になっていて、
もうしばらく前へ前へと進んで行って
落ち葉を集めていきたいという思いにもなりました。

DSCF2057

落ち葉は軽いのですが、
少し圧縮しながら袋に詰めていって、
作業が一段落付いたときには
みんなで集めた落ち葉は
1.5トントラックに山盛りになっていました。

DSCF2066

集めた落ち葉は、
鶏糞と水と混ぜ合わせて発酵させ、
落ち葉堆肥を作ります。
落ち葉は手に入りやすかったり、
落ち葉堆肥は畑でも大活躍なので、
みんなで協力してたくさん集められることも嬉しいし、
良い堆肥が作れるように
自分も関心を持って作業に向かいたいです。

(もえ)

***

P1010007

ウィンターコンサートを終えて、
ひと段落着いて久しぶりの畑作業をしました。
今日はBチーム以外のメンバーの
りさちゃん、まりこちゃん、るりこちゃん、まきちゃんもいて、
久しぶりにみんなと畑に出られて嬉しかったです。

今日はセロリの新聞紙巻きをしました。
セロリの茎を日に当てず白くすることと、
新聞で葉が隠れていると葉が光合成しようとして
茎が伸びること、この2つの目的のため、
セロリに新聞を巻きます。

セロリに新聞を巻くのは今回がはじめてではありません。
セロリの新聞巻きでは何回もはずしたり、
巻いたりを繰り返し苦戦してきました。

P1010027

9月頃、まだ暖かかった時期に
少しきつく巻きすぎてセロリが蒸れてしまいました。
新聞を巻くと、害虫被害が増えたように感じたり、
茎が変に曲がってしまったり、
あまりメリットがないように思い、はずしました。
寒くなり、もうあまり日に当たることがないのかな
とも思いました。

そして新聞をとってしばらくすると、
茎が全体的に緑になり硬くなりました。
それは、一般的な路地で育てるセロリから考えると
普通のことでおかしいことではないと、
まきちゃんが教えてくれました。

けれど、私がみんなと作りたいセロリは、
軟白化している、綺麗な白色の太いセロリです。
今はもう12月です。
セロリの収穫全盛期はもう通り越してしまいました。
間違った手入れをしてしまい、ここまできてしまいました。

P1010014

最後までいいものをつくりたいと思い、
タイミングはずれではありますが
セロリに新聞を巻きました。
もうすでに10~15センチくらいに伸びた茎は緑色です。
今から伸びてくる新しい子に望みをかける思いで、
新聞を巻きました。
チームのみんなもセロリにはかなり愛着が
沸いているように感じます。

去年セロリを担当していた、
まきちゃんに巻き方を教えてもらいました。
まきちゃんがやりかたを真剣に伝えてくれました。
まきちゃんは、去年はどうだったか、
なぜこういう風に巻くのか、教えてくれて、
ありがたくて、作業を進める上ですごく助かりました。
やはり、自分のやり方は間違っていたのだと思いました。

出来ないかもしれないけれど、
綺麗に軟白化された太いセロリを
みんなの食卓に届けたいと思いました。

(やよい)

DSCF2148
〈黒大豆の刈取りも進めました。 午後の時間で、黒大豆の植わっている 5枚の畑全てを、まわることができました〉

***

P1013412 2
〈なおちゃんとたかこちゃんの、 税理士試験の合格証書が届きました!〉

DSCF20862

DSCF2090