12月17日(日)「大成功! ウィンターコンサート」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

12月17日のなのはな

ウィンターコンサート本番。
この日のために積み上げてきた日々、
1人ひとりのコンサートにかける思いが、
音となり、光となり、色となり、踊りとなり、言葉となり、
ステージを彩りました。
私たちの思いを、お客さんに届けることができました。
コンサートは、大成功でした。
IMG_5832
〈コンサートの開場をたくさんのお客さんが
待っていてくださいました〉
「全員が本気になって向かわないと、成功はない」
「プロではない僕たちが、プロ以上のステージを作るには、気持ちしかないんだ」
練習の時のお父さんとお母さんの言葉が、
思い出されました。みんなの“本気”が集まって、
この日のステージはできあがりました。(自分の役割を、精一杯果たしたい。
いまの自分にできる最高のパフォーマンスをしたい)
ステージを作り上げたのは、この気持ちです。
良いコンサートにしたい、と求め、祈る思いで、
自分の力を出し切ったのならば、
人の心を動かす表現ができるのだと思いました。
誰もがこのステージに欠かすことのできない
大切な存在です。
お互いに引き立て合い、力を合わせて、
みんなで作り上げた、
大切なウィンターコンサートとなりました。本番の朝は、9時にホール入りをして、
バンドの音や、演劇の最終確認をしました。
演劇では、ラストのシーンの練習をしました。
お父さんが見てくれて、立ち位置や、
動くタイミングを変えました。
最後の場面の気持ちにぴったりと合う演出にできました。
DSC_5567
IMG_5824 昼食のお弁当は、レッスンルームで頂きました。
部屋には、90人近くはいたでしょうか。
音響の水元さん、照明の永禮さん、白井さん。
カメラマンの、中嶌英雄さん。
大竹さんとまみちゃん、
大竹さんのご友人の大野さんと正田さん。そしてなのはなを応援してくださる地域の方や卒業生。
写真やビデオの撮影、喫茶や受付などに、
たくさんの方がボランティアで
手伝いに来てくれました。
地域とのつながり、
そして卒業生やお仕事組さんが作ってくれる
新しい仲間とのつながりが、
こんなにも広がっているのだと感じました。「みんなの心意気を、お客さんに見せましょう。
エイ、エイ、オー!」
お父さんのかけ声で、全員でこぶしを握り、
気持ちをひとつにしました。

舞台袖で開演を待ちながら、私は脚本を一通り読みました。
自分の台詞も、それ以外の台詞も、
もう一度自分の頭と心にしっかりと
入れて、大切に伝えたいと思いました。

IMG_5857IMG_5786
〈ロビーでは、手作りグッズや、みんなで作った農作物、
喫茶コーナーで、お客さんをお迎えしました〉IMG_5890
IMG_5791IMG_5835
PC170796 午後1時。
開演のブザーがなり、客席の明かりが落ちます。
幕の前に当たるスポットライト、そこに1人の男が立ちます。
私が今回演じた、光太郎です。『He does not play dice(神は、サイコロを振らない)』
アインシュタインの名言から、光太郎の口上がはじまります。
今回の音楽劇は、
光太郎の若い頃の体験談が、物語となっています。「私は、若い頃、神様がサイコロを振る場面を見てしまったんです――
神は、サイコロを振る!」
幕が上がり、1曲目の『エクスタシー・オブ・ゴールド』、
ビッグバンドでの演奏です。
広がる荒野の景色。
人が本来持つべきモラル、誇り、正義を強く求め、
走り出します。
ここからはじまる物語の緊迫感が、曲とともに迫ってきます。高校生の光太郎は、未来の日本へと迷い込みます。
そこでは、日本人はたったの75人になり、
絶滅危惧種になっています。夢か現実かわからない未来の日本で、
光太郎は高校生の女の子、えりこと出会います。
2人は、未来人から日本人の卵を預り、持ち帰ります。
IMG_5918
DSC_57381 今年のテーマは、『少子化』です。
結婚して子供を産む人の数が少なくなり、
人口が激減していく日本。
日本人が絶滅し、日本が滅びていくのを防ぐために、
どうしたらいいのか。そのことを、本気で考え、答えを探していくのが、
えりこと光太郎です。えりこと光太郎は、私たち自身です。
豊かになる競争、自分だけが得をする競争、
いつも自分の能力をはかられ、比べられ、
どんんどんと追い詰められていく世の中の仕組み。
豊かと言われる日本の中にいて、
本当に安心できる
幸せを感じたことはありません。
私は、この脚本を作る中で、少子化の問題と、
自分の苦しさの根っこは、同じなのだと気付きました。(日本の未来のために、
自分たちになにができるだろうか?)そんな思いを持ったえりこと光太郎。
2人に、日本の運命を託そうとしたのが、
七福神の面々です。

日本未来は、
すべて七福神の双六ゲームで決まっていたのです。
未来の升目を書き、サイコロを振る。
それが、七福神の役割です。

IMG_0495
〈2曲目『バッド・ライアー』のダンス〉
DSC_55961 『ザ・キュアー』のフレーズにのせて、七福神が登場します。
少子化という難しいテーマの物語の潤滑油となるのが、
この七福神です。
7人の神様たちは、
良いも悪いもすべて俯瞰したところにいて、
楽観的な考え方や、懐の大きさがあります。また、セリフが少ない中で、
シンクロさせた動きや、表情や視線の変化で、半ば神様で、半ば人間のような七福神の独特の世界を作り出します。
この7人の存在が、深刻な問題を、軽やかに
観る人の心に届けてくれます。
そして、この七福神になぜか加わっているのが、“エビ天”。
物語の、もうひとつの軸となるのが、エビ天の存在です。
エビ天は、どこからやってきたのか?
エビ天は、
なぜ日本が滅ぶことを喜ぶようなことを言うのか?光太郎と、えりこの物語と並行して、
エビ天の物語が進んでいきます。
IMG_0645
PC170906 私は、光太郎を演じていて、
お客さんが一緒に七福神の世界に入り、
そして、色々な場所を旅しているように感じました。
七福神の見せる数字の神業の場面では、
お客さんの驚きと、光太郎とえりこの驚きが重なりました。
2050年の日本で出会った老人の台詞回しに、笑いが起きました。
そして、老人のセリフにある哀しみが、伝わりました。劇と曲が、ひとつの流れをつくるように、展開していきます。
曲ごとに起こる大きな拍手。
劇のシーンで起こる笑い声。
台詞のひとつひとつが、お客さんの心にしみこんでいくような静けさ。
PC170958
DSC_5518
楽しい気持ちも、緊張感も、驚きも、哀しみも、希望も、
私たちが表現する思いが、お客さんに確かに届き、
ホールが一体となりました。
DSC_5529
DSC_00131PC170939 えりこや光太郎、エビ天の気持ちになって、
台詞を受け止めてくれることが、嬉しかったです。
本番の前にお母さんが、
「自分を離れて、仲間のためにステージに立とう」
と話してくれました。
私は、会場にいる全ての人が、仲間なのだと思いました。今日、勝央文化ホールにいた全員にとって、
このウィンターコンサートの日が心の中にいつまでも輝く
宝物になるように、私は最後まで全力で表現したいと
思いました。
物語は、少子化で日本が立ち行かなくなってしまった、
2200年を見に行った所で、前半が終わります。
日本は、ニュージャポニカ州という、
アメリカの51番目の州に
なってしまったのです。「手遅れにしてはいけないだろう。
日本人として、日本の国を守ろうよ」
悲しい未来を見てもなお、決して諦めずに
向かっていく強い気持ちを持つ、えりこと光太郎。
2人の気持ちと、お客さんを応援し、鼓舞する曲、
『ファイト・ソング』で前半の幕はおります。
DSC_5566
IMGP4501DSC_5600IMG_7261
DSC_5495DSC_5442DSC_5543
DSC_5467
〈『ザ・ミラクル』では、透明の水がカラフルな色に変わるミラクルに、
大きな拍手が起こりました〉
DSC_55671 ドラムアンサンブル『イエロー・ストーン』で後半が開幕です。
えりこ、光太郎、エビ天の3人は、
七福神の双六ゲームの世界から、
古代ローマ帝国へつながるドアを入っていきます。2000年以上も前の時代で見たのは、
いまの日本とそっくりな世界。
格闘競技に戦車競技、
豊かなローマの繁栄を象徴するショーが、
『ワカワカ』の曲に乗せて、華やか繰り広げられます。
しかし、豊かさを謳歌しているように見えて、
あるのは心の貧しさ。
誰も幸せを感じられず、誰も結婚しなくなり、
やがては少子化で滅んでいった、ローマ帝国。
経済発展を遂げ、長寿の国となり、
双六ゲームの1回目のあがりをした日本。
つぎに目指すのは、人々の心が満ち足りて、
しみじみとした幸せを感じられるようになる、
という2回目のあがりです。えりこと光太郎は、七福神に案内されて、
上がりに近い国を見に行くことになります。
そこは、未来の、日本でした。
光太郎とえりこが協力して、
少子化を解決するための仕組みを開発し、
ノーベル平和賞を受賞していたのでした。光太郎は、そのことを知り、
自分で考え、升目を作り、サイコロを振っていこう、
えりこと一緒に世の中を変えるために生きていこうと、
心を決めます。
IMG_7834IMG_79111
IMGP41181 私は、このシーンを演じることができて、とても
嬉しかったです。
ハートピー、そしてなのはなファミリーをつくって
道を切り開いてきたお父さんお母さんの2人が、
光太郎とえりこに重なりました。
私は、お父さんお母さんのように、光太郎のように、
生きる意味を見失ってしまう人がでない世の中を作るために
生きていくのだとはっきりと思いました。
PC171285aIMGP4229
〈光太郎とえりこが一緒に力を合わせていくことを
誓ったシーンの後に演奏した『トゥー・マッチ・ラブ・ウィル・キル・ユー』〉
そして、ひどい升目ばかり書き、日本を滅ぼそうとしていた
エビ天もまた、心の傷を癒やして、前に進んでいきます。
エビ天は、不良品のサイコロ卵として生まれ、
処分されかけたところを、
えりこと光太郎に助けられます。エビ天の深い悲しみ、絶望、そしてなにもかも壊して、
自分が生まれないようにしたかったと思う気持ちは、
生きていきたくないと思った
私たちの心の痛みそのものです。
IMG_77101
IMG_80991 エビ天の痛みや切なさが、
なのはなのオリジナル曲の2曲、
『シーズ』と『ルナ』にのせられて、会場に届きました。
あゆちゃんの歌声を舞台袖で聞いていると、
この痛みを知っているからこそ、
私はそれを必ず力に変えていく、と私は思いました。エビ天は、えりこと光太郎と出会い、
七福神の仲間に加えてもらい、
自分を大切に思ってくれる人がいるのだと思えました。
自分は、要らない子ではなかった、
そうわかったとき、エビ天の心に、
エビ天本来の心が戻ってきます。
力を合わせて頑張っていこうと思った矢先の
恵比寿天の言葉に、
3人は愕然とします。「七福神の世界に残って
サイコロを振ることができるのは、
たった1人だけ」3人で残ることは、できないのです。
新しい未来を作るためには、えりこ、光太郎、エビ天の
中からたった1人、
誰かがここに残らなくてはなりません。

3人の前に現れたのは、天神様。
天神様は、
どんなものにも神様を見る多神教の気持ちこそが、
日本人の本来のモラルであり、
それをあらためて広げることが、
少子化の歯止めになる、とえりこたちに伝えます。

DSC_5367
DSC_56771
〈フラダンス曲の『テレへ』〉
自分の心の中に神様を持って、
ひとりを慎み、神様に恥ずかしくない
行動をとること。自分の中に神様を持ったのならば、
いつでも自分の欲得ではなく、
人のために
生きることができるのだと私は思いました。
なのはなにとって大切なこの思いを、
コンサートを通じて伝えられたことを嬉しく思いました。そして天神様は、エビ天さんに、
サイコロを振るように、と言います。

エビ天は、これまで固い殻でおおっていた心を
解き放つように、話します。

「もうマイナスなことは、絶対に書かない。
今度は、ここで真面目に働きます」

過去へ、未来へと、えりこと光太郎と一緒に旅した時間。
エビ天のことを本気で怒り、心配してくれた2人。
2人と、一緒に頑張っていく仲間となれたこと。
そして、あたたかく見守ってくれた恵比寿天さん。
エビ天は、それでもう十分だ、と思います。この物語の、えりこも、光太郎も、エビ天も、
みんな私たち自身なのです。
いつ死んでもいい、自分は、要らない子だという気持ちを
抱いて生きてきました。
私たちは、なのはなで自分の存在を肯定してもらいました。
生まれない方がよかった子ではない。
世の中から捨てられた子ではない。
そう思えたとき、役割を果たして生きていこうと思えました。
DSC_57021
〈ギター・デュオの『テンション』」〉
IMGP46991 「産まれてきて、よかった」
「僕には、いま、大きな目標ができたんだ」
誰もが幸せを感じ、明るい希望を持つことができる、
そんな未来を作るために、私たちは生きていく――。
大きな目標を心に掲げて、
新しい1歩を踏み出していく覚悟。エビ天さんの台詞が、私たちに思いとなって、
コンサートのラストの曲、
『アイ・サレンダー』へとつながります。
IMG_81491
3時間を超えるステージの幕が下りる間、
お客さんの大きな拍手が、ずっと届いていました。シーンをより印象的に彩る照明。
役者やダンサーをくっきりと浮かび上がらせる、
スポットライト。七福神の住む場所であり、
ローマ帝国である、クリーム色の神殿。
赤、白、金が基調となった、衣装。
卒業生ののんちゃんが振り付けをしてくれた、
みんなで練習を重ねたダンス。
お父さんの脚本で、作り上げた演劇。
DSC_58381
DSC_58531 いくつものピースが集まり、
いくつもの思いが集まり、
なのはなのウィンターコンサートは、
舞台に花開きました。「今までで1番良かったです」
「ダンスが最高でした」
「ストーリーがとても面白かった」
帰り際に、お客さんがたくさん声をかけてくれました。私は、今のなのはなのメンバーだからできる、
今のなのはなのメンバーでしかできない、
最高のコンサートをみんなと作り上げることが
できたのだと思いました。

お父さんお母さん、支えてくれたたくさんの方、
みんなと駆け抜けた大切な時間を心に刻んで、
これからの自分の生きる力にしていきます。

(なお)

IMGP4943