12月16日(日)「ウィンターコンサート前日、ゲネプロの日」

12月16日のなのはな

ウィンターコンサート前日。
明日の本番と同じ時間帯で、
最後の通し稽古をしました。
IMGP9293IMG_3574
土曜日のこの日、
平日は仕事や学校へ行っている人たちも、
ステージに揃いました。
午前中は、全員でダンスの立ち位置を確認し、
役者の演技をお父さんが見てくれて、
舞台を仕上げました。開演前、受付やロビーに立つ人、
席案内をする人は、 それぞれの場所に集まり、
明日の動きを確認しました。
私は、受付に立たせてもらいます。
なっちゃんとあみちゃんがマニュアルを作ってくれて、
その紙を見て、自分たちの動きを確かめました。
今ここにいる私たちの他に、
明日の本番のために、
一緒に受付に立ってくださる方がいます。
明日、ここにたくさんの方が来てくださる、
私たちのコンサートを楽しみに
来てくださるのだと思いました。
IMGP9189

舞台袖に戻り、楽器をあたため、
ステージに立ちました。
幕の向こうに、
目の前の客席を埋め尽くすお客さんがいるのだ、
と思いました。
その情景、空気、音を思い描きました。
午後1時、開演です。

幕の前で1人の役者が演じ、
演奏がはじまり、
なのはなファミリーのウィンターコンサートがはじます。
一瞬一瞬、1曲1曲、
みんなと作り上げてきた軌跡があります。
かけがえのない、
揺るぎないなのはなファミリーの誇りです。
IMGP0706

IMGP9642

どうかあるべき姿を表現させてください、
そう祈りながら舞台に立ちます。
そして舞台袖で控えているとき、
着替えているときも、
調光室から舞台を照らすときも、
カメラを撮るときも、
誰もが、舞台に立ち演じる人に気持ちを乗せて、
全員でコンサートを作ります。

この日、本番のステージで、
カメラやビデオカメラを撮ってくださる
正田さん、大野さん、岡本さん、
卒業生のさんちゃんが来てくださいました。
そして、東京から、
ハートピーのあきこさんや
皆川さんご家族が来てくださいました。

明日が本番です。最高のコンサートにしたいです。
最後の最後まで、できることを精一杯やります。

(さやね)