12月12日(火)「全員揃ってのホール入り」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

12月12日のなのはな

ホール入り2日目。
午後からは全員でホールに行きました。
P1014020
場見りや劇の通し、
劇やダンスの出はけの確認を行いました。
決まったタイムスケジュールのなかで、
質の良い時間を作ることができるように、
人から言われて動くのではなくて、
意志のある行動をしようと思いました。

P1014129

お父さんやお母さんが
ステージでの動きを見てくれて、
どうしたら奇麗に、スムーズに
進むことができるか見てくれました。
ホールのステージに立つと、
立ち位置や目線、
はける場所も少しずつ変わっていきました。
数センチの違いでも見え方が変わってきて、
どんどんあるべきかたちになっていくように感じました。

P1014177

P1014021 300

劇やダンスの出はけでは、
スムーズに劇やダンスが入れ替わることで、
流れが作られていきました。
1人でも気持ちを切らしてしまうと、
その良い流れが崩れてしまう。
みんなでその流れを作る1人として
責任感を持たなければいけないと思いました。

コンサートまであと6日。
できなかった部分や
新しく変更した部分もあるので、
自分のなかでしっかりと整理して、
明日に繋げていきます。

(ゆきな)

***

午前中は、
舞台背景の設置を
全て終わらせる目標で
作業を進めました。
図面で予定していた位置よりも、
実際にホールのステージに設置をして、
客席からどう見えるかで
置く位置が変わってきました。

一番良く見えるように、
一番良い形になるように、
ホールのなかで
みんなと作り上げていく過程、
その一瞬一瞬が、とても大切で、
充実している時間でした。

P1010004

P1010003仕掛けの部分の設置をするときは、
上手く仕掛けができるように、
1ミリの誤差もないように、
慎重に設置をしました。

全てのパーツを組み立てて、
完成した舞台背景の前で、
役者やダンスの出はけの確認などをしたり、
役者の人が仕掛けのところを
劇中で使っていて、
ホールのなかで本番と同じように、
コンサートを作り上げていけることが
嬉しかったです。
照明や背景が加わって、
このなかで作り上げていく時間を大切に、
最後までもっとより良くなれるように、
自分たちにできる最高のコンサートに
していきたいです。

(りな)

***

P1013962

P1013965
〈この冬初めて、雪が積りました〉