12月4日(月)「1つのパーツとして―― クッキー作り●バンド、演劇の練習」

12月4日のなのはな

ウィンターコンサートの喫茶コーナーでお出しする、
かぼちゃクッキーの生地作りを、
よしちゃん、ゆきなちゃん、るりこちゃん、
まゆみちゃん、りさちゃんと一緒にしました。
砂糖や薄力粉など、
材料は、はかりを使って緻密に量を計り、
間違いがないようにみんなで確認しながら、
声をかけ合って進めていきます。DSCF6091 300

 

クッキーの生地に練り込む
かぼちゃピューレは、
なのはなファミリーの畑でみんなが育てた
ひょうたん(鶴首)かぼちゃという品種の
かぼちゃを使っています。

皮をしっかりむいて角切りにし、
電子レンジで火を通して裏ごしをしていると、
ほんのりとかぼちゃの甘い良い香りがしてきて、
マンゴー色をしたひょうたんかぼちゃは
見た目からも濃厚さが感じられました。

その出来上がったかぼちゃピューレに
バターと、砂糖を合わせてよく混ぜた後、
薄力粉を加えて、ゴムべらを使って
さっくりと混ぜていきます。
サクッとした食感のクッキーに仕上げるためにも、
薄力粉を加えてからは決して練らないように、
さっくり混ぜることが大事になり、
慎重に、でも手際よく作業することを意識して、
クッキー150枚分の生地を作りました。

DSCF7021

 

生地が作り終わったら小分けにして、
麺棒を使って
クッキーの型の種類に合わせた厚さまで
平らにした後、
冷蔵庫に入れて生地を寝かせておきます。

限られた時間で作業を進めていくので、
焦ったり、緊張もするのですが、
集中したみんなの真剣な空気や表情に
自分も気持ちが引き締まります。
より良いものを作りたいと思えば思うほど、
不安や緊張も大きくなるのですが、
その中にも楽しさがあって、
夢中になってできる時間が嬉しく思います。

DSCF7012

喫茶の作業でお菓子作りをしているとき、
クッキーもケーキも生きているように感じ、
自分の気持ち次第で味わいも
変わってしまうように思います。
明日には型抜きをして
クッキーを焼き上げるので、
良いものを作りたいという気持ちで、
みんなと大切に作っていきたいです。

(もえ)

***

P1013124

 

夕方、お父さんとお母さんに、
『ザ・ミラクル』と、
『トゥー・マッチ・ラブ・ウィル・キル・ユー』の
バンドの合わせを見てもらいました。

みんなが演奏している楽器の音と、
ボーカルの声とが、一体となったとき、
なのはなの演奏として形になっていくのを感じました。
1つ1つの音が深い意味を持って、
その音の持っている感情や表情が、
心に押し寄せてきました。

1

 

キーボードを弾くのも、
ただ鍵盤に触れて音が出るだけではなく、
鍵盤に指が触れる瞬間の気持ちの込め方や、
タッチの力加減で、音が変わってきます。
繊細だけれど、
鍵盤に触れるその一瞬を大切に、演奏をすること、
なのはなの演奏として
表現をすることが、楽しかったです。

もっとより良くできるように、
みんなと気持ちを1つに、音を1つに、
練習していきたいです。

(りな)

***

DSCF3497

1日を通して演劇練習をしました。
午前中は同じ場面に出る役者たちと、
どこでどういう動きをするかを
共通認識して決めていきました。
みんながこの場面ではどういう動きをしたいか、
自分の気持ちをはっきりと話してくれて、
私も1つのパーツとして演劇全体が良くなるように
自分を使っていきたいと思いました。

P1013048

午後はお父さんに
演劇の前半部分を見てもらいました。
「目線が曖昧でぶれている」
「顔が下を向いていて恥ずかしさが出ている」
「ここでは気配を消してほしい」
お父さんから、
自分では気づいていなかった部分や
演劇をしているときの間違った感情、
もっと良くしていくにはどうすればいいか、
を教えてもらいました。

DSCF3494

その後、役者のみんなで
お父さんから教えてもらったことを確認しながら、
場面場面で通していきました。
みんなが真剣になって、
今できる最大限で、向かっています。
今日確認したこと、教えてもらったことを
次にはできるように、自分の役割を果たして、
みんなで1番最高のステージを作っていきます。

(ゆきな)

***

P1012984

 

コーラス練習では、
『バッド・ライアー』『ザ・キュア』『スキャンダル』
『ワカワカ』『ロゴ・テ・パテ』の
5曲の振りを、あゆちゃんに見てもらいながら
みんなと揃えていきました。
ダンスと合わせて、よりステージが映える、
効果的な動きができるように、
教えてもらったことを積み上げて、
これからも練習していきます。

P1013003

 

***

音楽、演劇練習と並行して、
舞台美術の作業も進めました。

土台となる板にペンキで色をつけたり、
板と板を組み合わせて、
徐々に立体的な形が見えてきました。

PC040055

P1013067

今年のコンサートでは、
舞台背景にヒノキの皮を使います。
先日の伐採作業のときに、
盛男おじいちゃんがくださったヒノキの樹皮です。

P1013061 2