10月30日(月)「足元を支えてくれるパートナー ダンスシューズの修繕」

10月30日のなのはな

DSCF2052

ウィンターコンサートまで、7週間。
コンサートに向けて、
ダンスシューズの修繕をしました。
修繕するダンスシューズを目の前にすると、
みんなの表現する、志や美意識、
こう生きたいと願う思いのようなものが
詰まっていると感じて、
胸が押されるような気持ちになりました。

この靴、1つひとつが、
コンサートで
みんなの足元を支えるのだと思うと、
その靴に触れることに、
責任や緊張を感じました。
この靴が、
1人ひとりの良きパートナーとなって、
みんなの表現を支えてくれるようにと、
託すような気持ちでした。

DSCF2054

太陽が顔を出すと、
背中にあたる日の光の、
ぽかぽかとしたあたたかさが
気持ち良かったです。
コンサートへの日々を大切に、
自分の役割を果たせるように、
みんなの中で
精一杯向かっていきたいです。

(ゆず)

 

 

楽器、ダンス、コーラス練習や、
フルメニューも行ないました。
ダンスや身のこなしの質を高めるだけでなく、
ウィンターコンサートの本番中、
ステージに高い集中力を向け続けるためにも、
フルメニューでの筋トレや
柔軟などを通して
体力を作っていきます。

P1010516

P10104842

P101049612

 

ウィンターコンサートで出す
カボチャのクッキーを試作しました。
なのはなでは今年初めて育てた、
宿儺カボチャを使ったクッキーです。

PA300086

水分が少ない宿儺カボチャは、
より味の詰まったクッキーになりそうです。
午後の時間で、
伸ばした生地を型で抜き、
焼く作業までを進めました。

PA300089

 

***

 

甘くて美味しい桃を作るために
土の改良材として使う軽石が、
午前に届きました。
土居さんと永禮さんが、ユニック車で、
フレコンに入った軽石を
運搬してくださいました。

PA300009

PA300036

PA300083

 

 

吉畑手前ハウスに
食用菜花を約190株、植え付けました。

DP2Q0456

植え付けられる面積に対し、
苗の数が多くなってしまったため、
株間は本来よりも、
少し狭めで植え付けています。

菜花は12月から4月まで収穫予定です。
アスパラ菜もハウス内で育てていますが、
3月にアスパラ菜を撤去したあとの
葉物野菜が少なくなる時期に、
穫ることができたらいいなと思っています。

(まりの)

DP2Q0457

 

園芸部では、
ユーノス畑にナデシコの定植をしました。
種を蒔いてから、
芽が出て、ポット苗で育てている間は、
ハウスの中でネットをかけて
管理していました。

DP2Q0467

今日は
ナデシコの苗にとっては旅立ちの日で、
畑に定植されてからは、
雨や風などの影響を
受けやすくなったりするのだろうな、
と思います。

畝に定植する穴をあけて、
苗を植えて土をかぶせていくとき、
今はまだ小さな苗なのに、
大きくなったら、赤やピンク、えんじ色の
奇麗なお花が咲くのだと思うと、
この小さな苗には
たくさんのエネルギーが
秘められているのだと思いました。

元気に育って、
奇麗なお花を咲かせられるように、
定植してからもみんなと見ていきたいです。

(りな)

 

DP2Q0459
〈発見畑に植えている、ひょうたんカボチャの実は  大きなものでは30センチ余の大きさまで育っています〉