10月26日(木)「大人数で小豆の収穫・籾殻燻炭作り」

10月26日のなのはなPA2601011

今朝のウォーキング練習では、
基礎の歩き方に加え、
出はけの歩き方の練習をしました。

IMGP9296
横に進むのも、前へ進むときと同じように、
腰を入れること、体重移動を意識し、
足の置き位置や運び方を揃えると、
歩きやすくなるのを感じました。
ダンスの出はけ、役者の出はけなど、
ディティールを大切にして、毎日練習していきます。

IMGP9283

***
大人数で小豆の収穫をしました。
2人組で、向かい合って、
カラカラに乾いた莢を取っていきました。

PA260075
乾燥した莢を手に持ってみると、
ふっくらしていて、
中を見ると濃い赤色をした小豆が
ぎっしりと詰まっていました。
コンテナにたまっていく、
小豆の莢を見ていると、
幸せな気持ちでいっぱいになりました。
リーダーの声かけに、
時間を意識して作業に取り組むことができました。
2チームに分かれて、半日で、
5枚の畑を回ることができて、
充実した午後の時間が嬉しかったです。
すっきりと晴れた青空の下で、作業をしていると、
汗ばむくらいでした。
みんなと収穫している時間があっという間で、
暖かい気持ちになりました。

(ゆうな)

PA2601011
〈桃の木の周りで小豆を作っていた、  夕の子桃畑にて。  池田さんも来てくださっての作業でした〉

***

タマネギの定植に使う、籾殻燻炭を作りました。
2つの燻炭器を使い、
朝の8時半から、燃やし始めました。
私は何度か作ったことがあるのですが、
難しいなと思うのが、いつの段階から、
スコップで上と下を切り返すかというタイミングです。
あまり早くから、混ぜるようなことをしてしまうと
仕上がるのに時間がかかる、
しかし、それを待ちすぎても灰になってしまいます。
12時頃までは、30分おきに見に行き、
煙突の周囲が黒くなってくる度に、
籾殻を被せる程度にしました。

IMGP9319
13時半頃になると、
外周の片側半面が黒くなり出したので、
そこで初めて、下から上に切り返すように、
スコップを入れてみました。
そうすると、中の方まで黒くなっていました。
それから約30分後には、全体が黒くなり、
水をかけて冷ましました。
今まで、籾殻が燻炭にならないまま
一部残ってしまったりということもあったのですが、
今回は、全体的に均一に黒くなったことが良かったです。

(まりの)

IMGP9314

***

 DSCF5197

岩見田で、
盛男おじいちゃんのイチョウの木から落ちた、
銀杏の実を拾いました。
2本の木の周り一面に、
熟した銀杏の実が落ちていて、
たくさん拾うことができました。

DSCF5189