10月21日(土)「新しいMCで紡ぐ物語をーー西粟倉小学校のスクールコンサートに向けてリハーサル」


10月21日のなのはな

午前中は畑作業を進めました。
私はホウレンソウの種蒔きをしました。
種を蒔く下町川の畑は、少し粘土質の土で
直蒔きだと芽が出にくくなってしまうために、
対策として、培養土の上に種を蒔いていきました。

スプーン1杯分の培養土を丸く敷き、
その上に種を蒔き、
最後にもう一度、スプーン半杯分の培養土で覆います。

培養土の柔らかい土の上に蒔くことで、
芽が出やすくすることが狙いです。
細かい作業でしたが、この3工程を追っていると、
丸い培養土が連なっていく光景に、
クッキーを作っているような
柔らかい気持ちになりました。


ホウレンソウの種まきを終えたあとは、
アスパラ菜の定植をしました。
“アスパラ菜”と聞くと、
どんな野菜かイメージが湧きにくいですが、
黄緑色の楕円形の葉がとても可愛らしかったです。
“アスパラ菜”は、別名を“オータムポエム”と言い、
菜の花のような黄色い花の蕾や茎葉を食べます。


畝作りから、定植、追肥、水やり、ネット掛けまで、
短時間での作業でしたが、
役割を分担し、流れるように作業は進みました。

降り出した雨が、
恵みの雨となってくれたらいいなと思います。

(るりこ)

〈ハクサイに追肥、中耕をしました 第1弾のハクサイは12月に収穫予定です〉
        〈ブロッコリーは、収穫間近です〉

***
お客さんが見てくださるなかで、
西粟倉小学校での演奏のリハーサルをしました。
今日は前回のリハーサルとは違う
新しいMCで演奏しました。
初心に戻って、正確に、丁寧に踊ること、
堂々と見せる気持ちをつくってスタンバイしました。

MCが始まりました。
小学生の女の子が主人公でした。
MCを聴いていると
自分がその女の子になっていました。
女の子の気持ちが自分の気持ちとして、
奥の方から溢れてきました。


MCが紡ぎ出す流れと空気のなかで、
1曲1曲、気持ちを定めてステージに立ちました。
迷いのない確かな気持ちで踊りました。
MCには、自分にとっても、
答えがたくさん詰まっていました。
誇り、夢、夢を叶えるための勇気と知恵。
演奏が進むにつれて自分のなかにも
希望が膨らんでいきました。
このMCと演奏を伝える側として
ステージに立てることを誇りに思います。
見てくれた小学生が夢や希望を感じられるように、
みんなと気持ちを一つに演奏に向かいます。

(なる)

***

リハーサルのあとは、
西粟倉小学校で演奏する曲の
ダンス練習をしました。
本番までの時間を使って
もっと磨き上げられるよう積み重ねていきます。

***

コンサートに向けての練習も進めています。
午前は、サックスアンサンブルの集中練習をしました。

午後からはビックバンドで演奏する
『エクスタシー・オブ・ゴールド』の
パート練習をしました。