9月12日(火)「輪踊り&硬式バレー レシーブの集中練習」

9月12日のなのはな

19日の古吉野地区敬老会で踊る、
『勝央音頭』『四つ拍子』などの
輪踊りの練習をしました。
ゆりかちゃん、さやねちゃん、
なるちゃんが、
練習の方法を考えてくれていました。

はじめに横4列に並び、
振りを揃えてから、
みんなで円になって踊りました。
1曲ずつ、以前お父さんが教えてくれた
ポイントを確認してから踊ると、
意識を向けるところに迷いがなくて、
気持ちをつくりやすいと感じました。

さやねちゃんが、
きれいに見せるにはどうしたら良いか、
分かり易く伝えてくれて、
1つひとつ積み重なっていくように感じて
嬉しかったです。

前で踊るまりこちゃんが、
とてもしなやかできれいだと思いました。
まりこちゃんの背中から、
楽しい気持ちを感じて、
自然に顔がほころぶのを感じました。
敬老会に向けて、みんなと揃えて、
きれいに踊れるように、
1回1回の練習を、
しっかりと積み重ねていきたいです。

(ゆず)

 

 

午後から、
硬式バレーボール練習をしました。
10月の第1木曜日から、
勝央町硬式バレーボール大会の
秋季リーグが始まります。

〈練習の初め、チームでミーティングをしました〉

お父さんから、
サーブレシーブから攻撃までの練習を
中心に行なっていくとよいことを
教わりました。
変化球のサーブも
綺麗にレシーブが
できるように練習をしていきます。

今日は、前半に
山なりのサーブを
レシーブする練習をしました。
ボールの正面に入って、
腰を落として足で運ぶ、
基本の形を徹底することを
テーマにして行ないました。

後半は、無回転で変化するサーブを
レシーブする練習をしました。
変化球をセッターに
確実に返すことができるようになって、
予定している場所にトスが上がり、
攻撃で得点が取れるようにしていきたいです。

(しほ)

***

各チームで野菜の収穫にも出かけました。
マクワウリを今日は
28キロ穫ることができ、
夕食の話題になりました。
秋冬に向けて、
葉物野菜やシャルム、花の芽も育っています。

〈石の下畑では、セット栽培のタマネギ、シャルムが順調に葉を伸ばしています〉

 

〈園芸部で種蒔きをした、スイートピー〉

 

〈冬の花壇を彩るパンジーの芽〉

 

〈コスモスの花が次々に開いています〉

 

〈ライスセンターで籾摺りをしていただいた お米を運びました〉
〈夜には藤井さんが、 アコースティックギターを教えてくださいました〉