9月8日(金)「青空と黄金色 ――コンバインでの稲刈り、スタート」

9月8日のなのはな

なのはなでも
コンバインでの稲刈りが始まり、
今日は、ストップ田んぼ全面と、
コミュニティ田んぼ8割の稲刈りをしました。


午前中から、
お父さんがコンバインに乗って、
永禮さんやみかちゃんたちと一緒に
ストップ田んぼの稲刈りを進めていて、
午後からは自分も何人かの人と、
補助として稲刈りに行きました。

稲刈りの補助の主な役割としては、
コンバインで刈り進めて行くときに、
稲の株元が見えやすいように
倒れている稲を起こしたり、
コンバインでは刈りにくい
田んぼの四隅の稲を手刈りしていきます。

どんどん稲を飲み込んでいく
大きな生き物のようなコンバインを、
自由自在に動かして、真剣な表情で、
でも楽しみながら
稲を刈り進めて行くお父さんの姿や、
気持ちを沿わせて、先を見て
効率良く、スピーディーに動く
永禮さん、みかちゃんの姿に、自分も、
ただ言われたことをやるだけにならないように、
どうしたら刈りやすいかや、
立ち位置も考えて、
良い補助ができるようにしたいと思いました。

作業をしながらふと顔を上げると、
秋晴れの青空の下に、
黄金色の穂が広がる
石生田んぼの景色があり、
稲に囲まれるようにして田んぼの中にいると、
心が落ち着いて、
満たされていくような気持ちになりました。

風と共に稲の香ばしい香りがしてきたり、
その柔らかな風が吹く度に、
稲の穂が優しく
撫でられるように揺れていて、
稲たちも心地良さそうだなと感じました。

刈り終えてすっきりとした田んぼを見ると、
ほんの少し
寂しいような気持ちにもなったのですが、
みんなでの播種から始まって、
田植えをして、
雨風に強く揺らされながらも
負けずと成長していき、
秋には黄金色に輝く穂をたくさん実らせ、
これがみんなの主食になるのだと思うと、
すごく有り難く感じ、
一粒一粒が宝物のように大切だなと思いました。

また、明日にも引き続き
コンバインでの稲刈りがあるので、
今しか味わえない景色、
香り、音、色なども感じる気持ちを持って、
大事なお米を良い形で収穫していけるように、
心を遣って動いていきたいです。

(もえ)

***

いいとこ下畑に、
ハクサイの定植をしました。
久し振りの、まっすぐな日差しの下での、
みんなとの畑作業が嬉しかったです。

はじめに、なるちゃんとゆりちゃんが、
今日は約770株の定植をすることや、
作業の手順、目標を話してくれました。
みんなが同じ気持ちで
作業に向かっていることを感じて、
みんなの流れの中に
いさせてもらえることが嬉しかったです。

育苗トレーの中の苗は、
底の穴から根が出るほど、
しっかりと根を張っていました。
ダストや苗の培土が
たっぷりと水を含んでいて、
そのみずみずしさが、
みんなの優しさのかたまりのように感じました。

終盤には、
他の作業に入っていたみんなも来てくれて、
目標としていたところまで
終えることができて嬉しかったです。
しっかりと活着して、
これからのなのはなの冬の食卓を支える、
美味しいハクサイに育ってくれたらいいなと思って、
その始まりの一歩を、
みんなとさせてもらえて嬉しかったです。

(ゆず)

***

 

簿記部7期生の
3日間の今回の授業も、
最終日となりました。
一昨日から始まって、かなり頭の中が
一杯になってきた感じがしていたのですが、
村田先生とみんなの空気に、
毎回、気持ちが引き締まるのを感じます。

今日はいよいよ、
テキストの11章「決算」に入りました。
3級の山場と、
先生やなのはなのみんなから聞いていたので、
今までより緊張した気持ちで
ページをめくりました。
今回も、新たな簿記用語がたくさん出て来ました。
「型から入る」仕分けの仕方も
教えていただきました。
今回で、「減価償却」の所まで進みました。

村田先生は、
「『こんなもんか』と
甘く見て取り組んでしまう人は、
土台がないから、いつもぐらぐらしているんです。
逆に、簡単でも
1つひとつを確実に積み重ねている人は、
目には見えないけれど、
それだけしっかりとした土台ができている。
それがあるか無いかが、大きな差になります」
と教えて下さいます。
その言葉が、強く心に残りました。

簿記の勉強をする目的にも、
「小さな努力を積み重ねる」
というのがあります。
諦めず、甘えず、
小さな努力を続けられる人になりたいと、
改めて思いました。

簿記の内容に限らず、
先生から大切なことを
たくさん教えていただける時間が、
有り難くて嬉しいです。
また次の授業までに、
今まで教えていただいたことを
しっかりと自分のものにできるよう、
積み重ねたいです。
なのはなで、みんなの中で
勉強をできることに感謝しながら、
目的をしっかりと見据えて、毎日を過ごしたいです。

(まゆみ)