9月3日(日)「コンサートに向けて仕込みの期間&硬式バレーボールの練習」

9月3日のなのはな

DP2Q9373

午後に、ウィンターコンサートの実行委員と
各係のメンバーが集まりました。
コンサートに向けて、いよいよ始動です。

なのはなファミリーが単独で行う
ウィンターコンサートでは、
演奏やダンスをするだけではなく、
すべての準備を自分たちの手ですすめます。
そのため、係の種類も多く、
ダンス・コーラス、バンド、演劇、
舞台美術、照明、衣装、など、
全部で14の係があります。
係のメンバー全員が集まると、
30人近くになり、あらためて、
みんなの力で作り上げるコンサートだ
ということを感じました。

DP2Q9396

DP2Q9398-1

この日の集まりでは、
9月前半にすすめることについて確認をしました。
まず、
コンサートまでに必要な作業をリストアップし、
その後、いつまでに完成させるか、
何人でどれくらいの時間が必要か、
どんな内容の練習をするか、
といった具体的な計画を立てていきます。

今日は各係に、“Jobリスト”という
これからコンサートまでに必要な作業を
書き込む用紙が配られました。
以前に係を担当した子と情報交換をしたり、
過去の資料を見たりしながら、
コンサート当日までに何をするのか、
ということをメンバーの中で考えていきます。

私たち実行委員は、
9月前半を『仕込みの期間』と考えています。
コンサートは、
本番に至るまでの
準備や練習の期間こそが、
自分を成長させる大切な時間になります。
その期間を充実したものにするためには、
コンサートに向けて
全員で動き出す前の計画立てを
しっかりとすることが必要です。

一人ひとりが有効に動くことができ、
やりがいや楽しさを
感じることができる準備と練習。
日々、確実に
ステップアップしていける準備と練習。
それを考えて、
仕込み(計画を立て)をしていきます。

全員で動きはじめるのは、
稲刈りが終わった9月後半からの予定です。
みんなで成長していける3か月間にできるように、
実行委員、そして係としての役割を
果たしていきたいと思います。

(なお)

DP2Q9389

 

 

_MG_9584

午前中の1時間半と、午後の2時間半で、
硬式バレーボールの練習をしました。
自分の次にボールに触れる人に
1番良い形で繋がるように、
自分のプレーを完璧に近づけるという意識で、
次の試合に向けて、個人の技術を上げ、
チームが良くなっていけたら良いなと思います。

_MG_9891
〈トスを上げる場所を確認しています〉
_MG_9750
〈スパイクレシーブの練習〉

今日は、9人が実際のポジションについて、
スパイクレシーブを受ける練習をしました。
6月の大会のときから
ポジションが変わる人がいますが、
前回そのポジションについていた人が、
ポジショニングについて教えてくれて、
チームが形になっていくことが
嬉しかったです。

_MG_9723

_MG_98891

スパイク練習では、お父さんが教えてくれた
3つのコースのトスで、
スパイクを打ちわける練習をしました。
お父さんが教えてくれた通りに、
スパイクまで繋げて、
確実に得点にできるようにしていきます。
なのはならしく、勇気と知恵のある
バレーボールができるようになりたいです。
一球に集中して、
祈る気持ちで向かいます。

(しほ)

  ***
午後からは畑作業も進めました。

IMGP0543
ビワの木畑にコマツナの種を蒔きました。 夏野菜が終盤を迎え、 これから秋冬野菜に畑が変わっていきます。

 

   ***

夕方から、
地這いキュウリの手入れをしました。
地這いキュウリの畑へ行くと、
涼しさのためか、朝よりも葉がぴんとしていて、
張りがあるように感じました。
他の畑でも行なっている、
砂糖水を使った防除を、
地這いキュウリでも試してみました。
アブラムシがついてしまっている株があり、
虫の成長のサイクルを断つことで、
効果が表れてくれたらいいなと思います。

IMGP0637

IMGP0644

IMGP0590
〈株には実が順調についてきていて、 大きくなりつつあります 下町川の畑のキュウリは終盤ですが、 秋も地這いキュウリを楽しめそうです〉

IMGP0618

他に、子づるの摘心や、
病気の症状が出てしまっている
葉を摘んだり、
いくつかの手入れを
進めることができて嬉しかったです。
空も秋模様になって、
涼しさも感じるようになり、
野菜や畑も秋へと移り変わっていくのを感じます。
この先、天候に合った先手の手入れや、
適切な時期に適切な手入れをして、
良い野菜がたくさんとれるように、
チームのみんなと進めていきたいです。

(ゆず)

 

***

 

桃の糖度を計るための、
新しい非破壊糖度計が届きました!

_MG_0027-1

非破壊糖度計は果実に当てるだけで、
光センサーで糖度を計ることができます。

収穫する桃のなかには、
見た目では甘さを判断することが
難しい桃もありますが、
これで、正確に糖度を知ることができます。

_MG_0028-1

DP2Q0011-1