9月1日(金)「箸置きの野菜たち&9月の桃畑へ&キャベツの手入れ」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

9月1日のなのはな

陶芸教室では、今月、
一輪挿しと、新しい試みである
野菜の形の箸置きを作ります。
今日は、その一輪挿し、
箸置きのそれぞれ土台づくりを進めました。

ここでは、
野菜の形の箸置きについて、書きます。
まえちゃん、すてらちゃんと、
今日は自分の作りたい野菜を、
それぞれ箸置きの形へしていきました。
野菜は、色鮮やかにみせるため、
後に絵具を奇麗にのせられるよう、
すべての野菜を白土で作りました。

何の野菜を作ろうかな。
そう、3人で想像を膨らませ、
今朝それぞれに収穫してきた野菜の姿や、
畑で実っている野菜を思い浮かべたり、
また、どう作ったら可愛く見えるだろうか、
どうデザインしたら、
箸が奇麗にのる形になるだろうかなど、
考えながら、
粘土に向かった時間が楽しかったです。

〈チンゲンサイの葉の部分です〉

枝豆、チンゲンサイ、トウモロコシ、
ゴーヤ、トマト、トウガラシ、
マクワウリ、インゲン豆。
3人で8種類の野菜の形の
箸置きを作ることができました。
作っている段階から、目の前で、
まえちゃんやすてらちゃんの、
マクワウリやトウモロコシ、チンゲンサイなど、
1つひとつの野菜が
形になっていく様子を見ていて、
とても心がときめきました。
できた作品を並べ、そのかわいさに、
思わず声をあげてしまいました。

次回、絵付けを中心に進めていきますが、
ここから、どう仕上がっていくのか、
待ち遠しい気持ちと、
どうか奇麗に色がのりますように、
良い作品になりますように、という
緊張する思いがあります。
毎回、より良いものへと、
質高く積み上げていけるよう、
美意識を持って、
自分の精一杯で向かっていきたいです。

(みく)

 

〈前回の教室で作った一輪挿しが、 先生が焼いてくださって完成しました。 陶芸教室にいらしている地域の方々が、 「きれいにできたね」「かわいいね」と、手に取り、見てくださいました〉

 

***

夕の子畑、開墾畑の桃の木に、
水遣りをしました。
軽トラで桃の木の近くまで行けないため、
じょうろを使って、手やりしました。
1つの木に、じょうろ30杯~50杯、
1年生の苗には8杯の水をやりました。
晴れが7日続いて、土が乾燥してきていました。
水が、土に染みこんでいく感覚が、
心地よかったです。

午前10時から、
勝央桃部会主催の、桃の講習会に参加しました。
内容は、今年の結果や、
秋の剪定や、土作りについてでした。
これからの手入れに生かしていきたいです。

9月には、剪定や、土作りのほか、
新しい桃畑の開墾や、
植え付けの準備など予定しています。
1つひとつの作業や手入れを大切にしながら、
桃の様子を、誠実に見ていきたいです。

(あんな)

***

夕方からの畑作業の時間に、
半分畑のキャベツの草取り、
追肥、土寄せをしました。
半分畑には、現在、
ほぼ全面にキャベツが定植され、
『キャベツ畑』となっています。
今日は、そのたくさんのキャベツのなかでも、
いちばん早い時期に定植された、
第1弾のキャベツの手入れを進めました。

 

今日の作業は、
畑のAチームとDチームが合同で、
そこにボーイングチームのたかこちゃんも
加わってくれて、
総勢10人ほどで進めていきました。

今日、手入れをする第1弾のキャベツは、
全部で20畝という規模がありました。
たくさんの人が集まって、
みんなで力をあわせて
キャベツの手入れに向かえること、
何人もの人の手で、キャベツの手入れをして、
キャベツをを可愛がれること、
手を掛けて、
気持ちを向けてやれることが、嬉しかったです。

(みんなの気持ちを受けて、
きっと美味しいキャベツに育ってくれる)
という思いが、胸のなかに湧いてきました。

IMGP00971

キャベツの手入れは、
まずは、草取りからはじめました。
みんなで並んで畝間に入り、
ひと畝ずつ、雑草を取り進めていきました。
目標のタイムを決めて、時間を測りながら、
みんなでスピーディーに草を取り進めていくと、
ひと畝が3分ほどで、
あっという間に奇麗になりました。
キャベツの株周り、畝肩、畝間も、
みるみるうちにスッキリとして
見違えるようになりました。

草を取り終えて、畝がスッキリしたところで、
追肥と土寄せをしていきました。
キャベツの株と株の間に鶏糞を置いていき、
そこに土を被せ、
さらにキャベツの株が安定するよう、
茎元に土を寄せていきました。

今日、手入れをした第1弾のキャベツは、
少しずつ、結球が始まっています。
折り重なるように生える葉の中心に、
くるりと小さく巻きはじめた
キャベツの赤ちゃんが愛らしくて、
(栄養をしっかり吸って、
順調に、大きく育ってね)
と、祈るような気持ちになりました。

作業は順調に進み、
1弾のキャベツの手入れを、
みんなで終わらせることができ、
嬉しかったです。

(あやか)

IMGP01081

***

稲刈りまであと数日です。 石生田んぼ、保育園真裏田んぼの 草取りや稲起こしもしました。